リーバイス 506XX(1st)Gジャン ギザギザ針シンチ金具 リベット刻印中央寄りCO

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

リーバイス506XX(1st)Gジャン ビンテージです。

左胸の片ポケット仕様。

今更説明不要の1stです。

左胸ポケット上にフラップが付いています。

(大戦モデルだとこれが省略されています)

フロントボタンの数が5個です。

(大戦モデルだと4個になります)

よって、これは大戦モデルではないのがわかります。

1stは1952年まで作られています。

なので赤タブは片面タブとなります。

念の為にチェックします。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

やはり片面です。

ここで気になるのが、色です。

真っ赤ではなくて、退色した赤です。

これは染料の影響だと思います。

当時はタブの染めの技術が悪かったのでしょうか?

Exif_JPEG_PICTURE

次にチェックするのがリベットの刻印です。

中央寄りになっています。

そして CO です。

(Oが大文字)

これは1940年代の特徴だと思います。

戦前の1930年代はCoの刻印でした。

(o  が小文字です)

よって戦後モデルの可能性が高いです。

※大戦モデルにも CO(Oが大文字)リベットがありますが

おそらく、大戦モデルの中期~後期に作られた物だと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ボタンをチェックします。

重要なのはボタン裏の形状です。

膨らみのあるドーム型になっています。

これも1940年代以前の特徴だと思います。

(1950年代になるとフラットになります)

Exif_JPEG_PICTURE

後ろ身頃をチェックしましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

1stなのでシンチバック(尾錠)が付いています。

ハサミでカットされたものがありますが、付いていて良かったです。

実はここが1stの年代を判別する重要ポイントなのです。

Exif_JPEG_PICTURE

針付きのシンチ金具です。

そして留め具がギザギザになっています。

これを見て、戦後モデルだと確信しました!

シンチ金具は年代によって変化をしています。

当店の資料を探したのですが、ちょっと見つからないので

今回は茨城県水戸市にある

ビンテージ古着屋 スマイリー さんのブログから画像をお借りします。

(オーナーさんに使用許可を得ています)

※オーナーの川又さんは THE501XX の出版に関わった方です。

20091118_919568

まずはこちらです。

1930年代 戦前に使われていたタイプの 針付きシンチ金具です。

(針が下に隠れていて見えませんが、、、汗)

滑り留めが無くて、フラットなタイプですね。

大戦モデルの初期型(移行期)にも使われていたりします。

うちの過去ブログにもそれがありました→ こちらをクリック

20091118_919784

次に大戦モデルのシンチ金具です。

フラットだった形状から、このような滑り留めが付いていますね。

大戦モデルのパーツは色んな種類があったようなので

これだけではないと思います。

(メーカーオリジナル品ではなくて、既製品を使っていた為)

20091119_934514

そして、戦後のタイプです。

このように滑り留めのギザギザが全体に広がっています。

この形状で、より生地をしっかりと留める事が出来るようになったようです。

今回紹介した物と同じではありませんか?

c3f9f8e1f93385e054166e049be1d915

戦後モデルは最終的にこのような針無しタイプになります。

(尖った針を衣類に付けるのは危険だと判断したのでしょう)

シンチ金具にも進化の歴史というのがあって面白いですね。

ちなみに これが506XX(1st)Gジャンの最終モデルです。

この画像の元ネタは当店の旧ブログです→こちらをクリック

1950年頃になると、このタイプかと思います。

リベット刻印やボタン裏の形状でも年代の判断が出来ますが、、、

506XX(1st)Gジャンの年代判別には色んな説があるので

これが正解とは言い切れないのですが、、、

リーバイスのGジャンの知識はまだまだなので、、、苦笑

現状ではこの判別方法が一番正しいのかな?って思っています。

ネットで検索すると 色んな説があるので

色々と調べてみてくださいね。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »