リーバイス 3501 66前期モデル(スレキスタンプ) 1973年8月 6番工場製造 超ビッグサイズ W58インチ

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今日はこれから紹介するジーンズを解体作業していました。

オーバーホール(完全解体)リサイズの依頼品です。

疲れ果てたので、息抜きにブログでも書こうと思います(苦笑)

それではこちらになります!

デカッ、、、

ハンガーで吊るせなかったので、平置き撮影になります、、、汗

ボタンフライなので501です。

しかもフライボタンが5個もあります。

これは規格外の大きさです、、、汗

W58インチ!

約147センチ!

これはディスプレイ用なのでしょうか?

品番が3501となっています。

超ビッグサイズ用の品番?

前回のブログで紹介したのが1501のロングレングスでした。

という事は2501というのも存在するはずです。

そのうち依頼品が来るのを期待しましょう!

品番の上に CARE~ の記載があります。

これがあると、、、66モデル以降です。

スモールe バックポケット裏がシングルステッチ

これで66前期モデルが確定します。

赤タブで気になる部分がありました。

Vです。

左右均等幅ではありませんか?

ビッグEで有名な均等Vがスモールeにもありました、、、汗

今まで気にしていなかった部分です。

スモールeでも均等Vと不均等Vが存在するのでは?

66前期モデルの赤タブが分類出来るのでは?

66モデルなので内側を見ていきましょう!

スレキスタンプになっています。

という事は66ビッグE~66前期(スモールe)への移行期です。

8 3 06 に注目します。

月 年 工場番号でしょう。

1973年8月 6番工場製造 を意味すると思います。

前回ブログの66前期モデルは

1973年12月製造で内タグに変わっていました。

スレキスタンプから内タグへの変更はこの頃に行われたのでしょう。

面白いデータが取れました。

※依頼主さまは自分の生まれ年月がこれと同じだそうです。

それをリサイズして何とか着用したい!

と言われておりました。

66モデルからこのような事も可能になります。

順番が前後しましたが、、、

トップボタン裏です。

刻印無しでした。

フライボタン裏にうっすらと刻印があります。

E?だと思います。

スレキプリントの6番工場=E(エルパソ工場)というのが成立します。

エルパソ工場はディスプレイ用も製造していたのか?

そうゆうのは16工場で作ってそうなのだが、、、

この画像をご覧ください。

スソにアタリが若干出ています。

これは着用ジーンズでは?

ロールアップの跡がはっきりと見えます。

間違いない。

これはディスプレイ用ではなくて、着用ジーンズです!

やっぱりアメリカはスケールがデカいですね。

そのサイズまで作ってしまうリーバイス社も凄いと思います。

特注サイズだったのでしょうか?

どうなのでしょう?

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »