リーバイス501XX 片面タブ 1947モデル 前期型 リベット銅製と鉄製の銅メッキが混在?

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのは

Exif_JPEG_PICTURE

前回ブログの最後に登場したあのジーンズです。

Exif_JPEG_PICTURE

この長いサイドステッチが特徴です。

Exif_JPEG_PICTURE

ボタンフライで隠しリベット付きなので 501XXが確定。

リベット裏が銅色なので、ギャラ入りも確定。

Exif_JPEG_PICTURE

ボタン裏が膨らんだドーム型、、、

1940年代?

片面タブの47モデル?

Exif_JPEG_PICTURE

これはおさらいですが

ボタンの支柱は銅になっています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右太ももの色落ち、、、圧巻です。

凄いムラ感あります。

言葉での表現が難しい、、、感じてください。

Exif_JPEG_PICTURE

後ろ身頃です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

革パッチが残っています!

このクシュっと感がいい感じです。

Exif_JPEG_PICTURE

ど真ん中にセンターループがあります。

幅も太いタイプです。

これは片面タブの47モデル確定ですね。

(赤タブを見なくても、そう言い切れるディテールの数々、、、)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

確認作業ですが、、、片面タブです。

最近あった出来事なのですが

お客様が「片面タブの47モデル」と言われている物が入荷しました。

赤タブは確かに片面タブでした。

しかし、その他のディテールが ギャラ入り紙パッチ なんですよ。

フライボタン(小ボタン)が足長Rなのがその証拠でした。

もしや???

悪質業者が両面タブの裏刺繍を抜いて、片面タブにしたのでは?

そうすると価値が随分上がるから、高値で売れます。
そのお客様はその事に気づいていませんでしたね。

片面タブの47モデルを買ったと思われていました。

みなさま、ご注意ください。

(片面タブだけに注目しないように)

Exif_JPEG_PICTURE

47モデルでチェックするのは

小股の裏側です。

折り込みになっていました。

これで最初期モデル(1947年)ではないと思います。

1948年頃かな?

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

実は今回面白いディテールを発見しました。

両方とも刻印が中央寄りのリベットです。

1940年代にあるやつです、、、

しかし、ポイントはそこじゃない。

上が鉄製の銅メッキで

下が銅製なのです。

刻印が中央寄りリベットの混在パターンは初めて見ました!

※鉄製の銅メッキリベットは突起部分に変化が出ます。

(刻印が全体に広いリベットの混在パターンは知っていました)

Exif_JPEG_PICTURE

裏を見るともっとわかりやすいかも?

Exif_JPEG_PICTURE

スレキにサビが染み出ているのは鉄製の銅メッキ。

よって 左は鉄製の銅メッキ 右は銅製

Exif_JPEG_PICTURE

左は銅製 右は鉄製の銅メッキ

Exif_JPEG_PICTURE

左前ポケット裏もチェックします。

Exif_JPEG_PICTURE

鉄製の銅メッキ

Exif_JPEG_PICTURE

鉄製の銅メッキ

6個中、4個が鉄製の銅メッキ 2個が銅製 という結果です。

(コインポケットの2個が銅製です)

戦後の47モデルは銅製になっていると思っていました。

でも、鉄製の銅メッキも使っていたのですね。

もしかして、大戦モデルの余り物?

しかし、大戦モデルは無地リベットだったはず、、、

なんでだろう?

Exif_JPEG_PICTURE

確認で磁石テストもしました。

もちろんピタッと付きました。

Exif_JPEG_PICTURE

隠しリベットもついでに磁石テストです。

ピタッと付きました。

隠しリベットって基本的に鉄製の銅メッキでは?

(年代に関係なく)

古着だとお尻で擦れて、メッキが剥がれている物が多いです。

リーバイスのビンテージリベットも色々見てきたので

年代による材質の変化が随分わかってきました。

そのうちまとめてみたいと思います。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »