リーバイス 517 ビッグE 最初期型 1971年製? タロン42のウンチク

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

ヒザ部分が絞ってあり、スソに向けて徐々に広がっていますね。

ブーツカットの リーバイス517になります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

銅ボタンにジッパーフライです。

Exif_JPEG_PICTURE

ボタン裏の刻印は 8 でした。

501でもボタン裏8は存在しますね。

この番号だけでも、年代が絞れてしまう部分ですが、、、

Exif_JPEG_PICTURE

ジッパーはタロン42でした。

有名なジッパーなので、説明不要でしょうか?

今回はちょっとした豆知識を書きます(大した事ありませんが、、、)

Exif_JPEG_PICTURE

裏側に USA の刻印があります。

ビンテージのタロン42にはこのような刻印が入っています。

タロン42って全部ビンテージじゃないの???

と思った方もいると思います。

復刻やレプリカジーンズにもこのタロン42が使われているのをご存知でしょうか?

そうなんです、当時のビンテージパーツも存在しますが 復刻版もあるのです。

小規模メーカーであればビンテージパーツを揃える事が出来るかもしれませんが

大規模な大手メーカーは無理でしょう。

そんな大量に当時の品は残っていませんから、、、

※復刻版でも、生産終了した在庫はデッドストックだと思います。

デッドストック=不良在庫、、、新品未使用みたいな感じ?

Exif_JPEG_PICTURE

こちらが復刻版のタロン42です。

オリジナルにそっくりですね。

しかし、違いはあります。

Exif_JPEG_PICTURE

ジッパーテープがポリエステル素材なのがお分かりでしょうか?

光沢感がありますよね。

ビンテージ物になると、光沢感の無い 綿100%です。

ビンテージ古着のタロン42は色褪せていませんか?

綿100%は色落ちをするし、経年劣化しやすいです。

その点、復刻は化学繊維なので色落ちをしなくて

経年劣化も少ないです。

味が出るという意味ではビンテージ物が良い。

しかし、強度面で安心なのは復刻だと思います。

そうゆう意味でも、大手メーカーは復刻を使うと思いますよ。

Exif_JPEG_PICTURE

裏側をチェックしましょう。

42と刻印されています。

USA の刻印がありません。

どこの国で製造しているのでしょうか?

( USA製だったら、刻印を入れると思うのですが、、、)

知っている人は知っているので、大した事ないネタでしたが

思いついたので、ちょっと書かせて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

紙パッチに注目です。

手縫いのリペアではありません、、、

紙の材質です。

やけに白い紙です。

これは501のビンテージでも見かけます。

ボタン裏 8番に共通するのかもしれません。

Exif_JPEG_PICTURE

ビッグE です。

517のビッグEというだけで年代がかなり絞れます。

517のデビューが1971年だからです。

ビッグEからスモールeに変更になったのが1973年頃です。

(両方が同時に存在した移行期もあります)

ビッグEからスモールeへの移行期といえば、、、

右前ポケット裏に縮率表記などが記載された スレキスタンプです。

通称 66ビッグE というやつです。

Exif_JPEG_PICTURE

ありません!

印字の欠片もありません。

この移行期でチェックするのはもうひとつあります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

アウトシームの縫製です。

こちらはシングルステッチでした。

移行期になるとチェーンステッチになっていたりします。

という訳で、こちらは66ビッグEでは無くて

ビッグEです。

517の最初期だと思います。

1971年製ではないでしょうか?

Exif_JPEG_PICTURE

最後に色落ちを見ていきましょう。

綺麗な縦落ちをしています。

517は505と同じプリシュランクの防縮デニムを採用していますが

色落ち感は同じ年代の501に近いと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

アウトシームやスソのパッカリングも綺麗に出ています。

517はブーツカットなのでアウトシームに耳を使っていませんが

(カーブラインに沿って直線の耳は使えない)

このようなアタリが出ています。

耳(セルビッチ)付きでは無くても、脇のアタリは出ると思います。

でも、耳が付いている方が嬉しいのですが、、、苦笑

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »