リーバイス501 赤耳 1981年3月製 ボタン裏6

ジーンズリペア&リメイク hands-onの裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

リーバイス501です。

Exif_JPEG_PICTURE

アウトシームにくっきりとアタリが出ています。

Exif_JPEG_PICTURE

耳(セルビッチ)が付いています。

赤耳と呼ばれる部分ですが、赤は消えて無くなっています。

古着だと、そうなっているのが多いですね。

Exif_JPEG_PICTURE

パッチがありません。

他のディテールで年代チェックしましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

赤タブがスモールe で 後ろポケット裏がチェーンステッチ

これで 66後期モデル 赤耳モデル どちらかに絞られました。

※1977年~86年までの製造というのも絞られました。

Exif_JPEG_PICTURE

内タグをチェックします。

(66モデルからスレキや内タグに情報が入るようになりますので)

赤線10%に注目です。

縮率が約10%という事です。

これで赤耳モデルが確定します。

※ここが8%だったら66後期モデルです。

Exif_JPEG_PICTURE

次に裏をチェックします。

3 1 6 に注目します(読みにくいので赤で書きました)

月 年 工場 の情報です。

これで 1981年3月 6番工場製 というのがわかります。

( ディテール判断で 1が 71年、91年の可能性はありません)

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタン裏も 6 になっているので

内タグ情報と一致しています。

さて、今回このネタを書いたのには理由があります。

有名な6番工場は テキサス州のエルパソ工場というのがわかっています。

これがのちに 524番 に変わります。

(会社の管理体制が変更されたのでしょう)

1980~1986(赤耳)カテゴリーに前回投稿したブログを見ると

こちらをクリック

同じ501赤耳モデルが 1981年10月 524工場製なのです。

そして、1981年3月では6番工場製だったという事実があります。

という訳で、工場番号が切り替わったはその間でしょう。

(1981年3月~10月の間)

新たな発見が出来たので、嬉しいです!

6から524への移行期も探すとあると思います。

(内タグとボタン裏が一致していない物)

それが何月なのか知りたいですね。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »