リーバイス 501XX 革パッチ 中期 1953年頃 リベット銅製

ジーンズリペア&リメイク hands-on 裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

いい感じに色落ちした古着です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

隠しリベット付きなので 501XXが確定です。

12の刻印がありますね。

トップボタン裏に刻印がされる以前の仕様です。

Exif_JPEG_PICTURE

フロントリベット裏が銅製です。

これでギャラ入りも確定です。

よって1962年以前だとわかります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

赤タブは両面タブです。

革パッチ(1953年以降)

ギャラ入り(1955年以降)

どちらかに絞られました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

バックセンターループがど真ん中です。

これで革パッチが確定します。

ループ幅が12ミリの細くなったばかりの頃です。

この直後に、ループが左にズレます。

ループズレ=ギャラ入りではありません。

革パッチのループズレもあります。

Exif_JPEG_PICTURE

革パッチで要確認なのは、このフライボタンの形状です。

下地がブツブツでRが通常です。

このボタンの変化ですが

・1952年~53年頃まで 下地がフラットボタン(片面タブからの移行期)

・1953年~54年頃まで 下地がブツブツの通常Rボタン(今回はこちら)

・1955年以降     下地がブツブツの足長Rボタン(ギャラ入り以降)

このような流れです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

リベットのアップです。

Exif_JPEG_PICTURE

先端の突起が小さいです。

これは銅製リベットにみられる特徴です。

鉄製の銅メッキだと、先端の突起が大きいです。

あとは、リベット周辺にサビが発生していません。

Exif_JPEG_PICTURE

念のために磁石で確認しました。

やはり反応しません。

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみに、隠しリベットは磁石に反応するので鉄製の銅メッキです。

以前の裏ブログで、革パッチの鉄製銅メッキの事を書きました。

こちらをクリック

この時に紹介したのとまったく同じモデルなのですが、

今回のはリベットだけが銅製なのです。

これでリベットが銅製から鉄製の銅メッキに移行したのが

この頃だというのがはっきりわかったと思います。

1953年頃を境にしていると思いました(個人的意見)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

最後に色落ちを見ていきましょう。

非常にムラ感の強い 荒々しい縦落ちをしています。

これぞ革パッチのXXっていう感じですね。

個人的に好きな色落ちです。

見ているだけで、うっとりしてしまいます(笑)

革パッチは短い期間のモデルなのですが

ディテール変更がどんどんされて

色んな種類のモデルが存在します。

その違いを探すのが、面白いですね。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »