リーバイス 501 66ビッグE スレキスタンプは読み取り不可

ジーンズリペア&リメイク hands-on 裏ブログへようこそ。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ビッグE

Vの幅が左右不均等です。

通称 不均等Vと呼ばれます。

こうなっていると1966年以降だと思います。

(XX以降のビッグEは確定だと思います)

まあ、目安なので100%とは断言できませんよ。

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタン裏が6

(刻印が逆さまでスミマセン、、、)

帯は上下チェーンステッチ

チェーンステッチの帯止めが並行ステッチ

これで間違いなくビッグEです。

並行ステッチだと、ビッグEの後期型だと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

右前ポケットスレキ裏に薄っすらとスタンプ跡が残っていました。

画像では判断できないと思いますが、一応撮影しました。

スレキの劣化が激しくて、ほとんど見えなくなっています。

(生地の谷間にちょっとだけ、スタンプの黒いのが残っています)

このようにスレキにスタンプが入ると66モデルだと判断されます。

ビッグEからスモールeへの移行時期です。

1972年~73年頃だと思います。

3e172ce8cf0b57ec0754d9a06498c00a

847b2602fd93b95071a51f504318b99b

当店の過去ブログから引用しました→詳しくはこちら

リーバイス646 ビッグE オレンジタブのデッドストックです。

Vの幅が左右均等ですね、、、こちらは通称 均等Vと呼ばれます。

4e354f5135be5764ecdd27cdfb5287e1

623818363b259b506f3e8bf04f242cbe

こんな感じでスレキにスタンプがあります。

(縮率に関することが記載されています)

よって、これは646の66ビッグEモデルだと思います。

トップボタン裏が8だったので

注目すべきは5308の数字です。

内タグ表記と同じ配列だとすると

月 年 工場番号 なので

1973年 5月 8工場 製造を意味していると思います。

1973年製で均等Vっておかしいですよね、、、(笑)

均等Vの年代判別は501しか通用しないのかもしれません。

Exif_JPEG_PICTURE

また501に話を戻します。

アウトシームの縫製をチェックします。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

チェーンステッチです。

赤タブが欠損している時の判別でチェックする部分です。

シングルステッチだとビッグE

チェーンステッチだとスモールe だと判断されます。

そうなんです、ビッグEでこのディテールなので

完全にスモールeへの移行期というのが分かります。

赤タブが無くなってしまうと、古着屋さんでは

スモールe の66前期だと判断されてしまいます。

実際の製造現場でも、

ビッグEとスモールeを同時に作っていたと思いますよ。

同年代でスモールe のスレキスタンプも存在するので。

私の経験では501スモールeの最初期は1973年ですが

もっと古いスモールeもありそうですね。

それだけ、赤タブの完全移行には時間が掛かったという事でしょう。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »