リーバイス 1501 66前期モデル 1973年12月 6工場 ロングレングス(L38)

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

久しぶりに裏ブログを更新したいと思います。

ネタはかなり溜まっていますが、、、

全カテゴリーが埋まったので、ちょっと気を抜いていました、、、汗笑

これからはボチボチとマイペースで更新していきますので

宜しくお願い致します。

それでは今回紹介するのはこちらです。

ボタンフライのジーンズです。

かなりレングスが長いと思います。

色も濃くて、状態の良い古着です。

アウトシームをチェックします。

セルビッチ(耳)が付いています。

スソはチェーンステッチですが、これはオリジナルステッチでしょう。

スソ上げされて、こんなにレングスが長いというのはあり得ません、、、汗

ディテールをチェックしていきます。

リベット裏がアルミ素材

帯は上下チェーンステッチで並行ステッチ留め

ビッグEだとすると、、、後期型

トップボタン裏は6です。

一番有名なテキサス州 エルパソ工場です。

6になる前はEでした。

エルパソの頭文字を使っているという説があります。

それは正しいと思います(個人的意見)

後ろ身頃をチェックしていきましょう!

お尻付近はいい感じに縦ムラ感のある色落ちをしています。

この色落ちでビッグEか66前期だと思います。

(66後期から縦ムラ感は無くなって行きます)

赤タブがスモールe ポケット裏がシングルステッチです。

これで 66前期モデルが確定しました!

1973年~1977年頃のモデルです。

66モデルの場合は内側をチェックします。

今回は内タグが付いていました!

12 3 6 に注目します。

月 年 工場です。

よって、、、

1973年12月 6番工場製 という事がわかります。

このネタは過去に何度も書いています、、、汗

最後まで引っ張りました、、、

パッチ表記です。

品番が501ではなくて、、、1501となっています。

レングスは38インチというロングレングスです。

これは特別品番です。

もしくは別注品?

38インチって96センチもあります。

しかもこれはW31インチです。

日本人でこんな体型の人いますか?

ある意味、アメリカンサイズだと思います。

色んな体型の方に対応する為に、特別モデルを作ったのでしょうね。

この年代でも501のサイズ別の特別品番は他にも存在するようです。

それはまた別の回で紹介したいと思います。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »