裾上げアタリ出し加工 リーバイス古着ジーンズ 色々な例 3本紹介 

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

裾上げアタリ出し加工の依頼が増えております!

ファッション雑誌 2nd 6月号 で紹介された影響かもしれません。

(101ページでちょっとだけですけどね、、、)

そこで、、、定番とはちょっと違う例を 3本紹介 します。

まずは1例目

色が淡くなってしまったブルージーンズ

これはウォッシュ加工かもしれません。

1980年代後半から ウォッシュ加工は大流行しました。

当時のアメリカ映画を思い出すようで、懐かしい色ですね。

ちなみに、こちらはリーバイス505でした。

レギュラータイプなので1990年頃のジーンズだと思います。

ベース色が淡いと、、、

スソのアタリ感も弱めになります。

濃淡メリハリじゃなくて、自然なアタリ感を目指します。

裏側はこんな感じで加工しています。

実は、この色目が一番難しいのです、、、汗

加工感が強すぎると、わざとらしい。

加工感が弱いと、物足りない。

感覚的にバランス調整しております。

どうか、ご理解の程宜しくお願い致します。

今回の工賃は5000円(別途送料)でした。

難易度は高いですが、他と同じ工賃です。

次に紹介するのはこちらです、、、

先ほどよりも色が濃色です。

中間色レベルの色落ちですね!

こちらのジーンズは リーバイス502 Aタイプになります。

Aタイプ=ビッグEのビンテージです。

カカトにダメージがある状態で、裾上げアタリ出し加工を行っています。

レングスを長めに穿くと、カカトが踏まれてダメージになりやすいです、、、汗

やっぱり、もうちょっと短くして スソはスッキリさせたい!

このようなご依頼だと思います。

加工するには 弱った生地を補強リペアしないといけません。

補強リペア代は別途お願い致します。

アタリ感もリペアした部分は もちろん弱くなります、、、汗

生地のパッカリング(ウネリ感)が出にくいからです。

画像上のスソは フロント部分

画像下のスソは カカト部分です。

比較されてください。

今回の工賃は

裾上げアタリ出し加工 5000円

左右カカトの補強リペア 2000円

合計 7000円(別途送料)でした。

最後に紹介するのはこちらのジーンズです。

スソ部分は色が残っていて、加工しやすいレベルだと思います。

これだと、中濃色でしょうか?

このような感じで仕上がっております。

元のスソ上げはシングルステッチ仕上げで、ノッペリしていましたね、、、汗

こちらは リーバイス501 66前期 ビンテージでした。

紙パッチが 劣化して弱っている のがお分かりでしょうか?

これは補強リペアしました。

当店の裾上げアタリ出し加工では、ジーンズを丸ごと洗います。

パッカリング(縫い縮み)をしっかり出す為です。

その際に、パッチが劣化していると

破れたり、剥がれたりする可能性が高いのです、、、涙

ビンテージデニムをお持ちの方はわかると思いますが、、、

ビンテージデニムの劣化した紙パッチは

ちょっとした負荷でやぶれますよね、、、涙

そうなると、こちらも怖くて 作業出来ません。

紙パッチと言えども、、、それは貴重なビンテージ品です。

スタンプの文字が重要だったりします、、、

なので、加工でパッチが破れそうな場合は

一度外して、裏から補強リペアをすることが多いです。

こんな感じで補強リペアしております。

これも完璧に直っている状態ではありませんが

延命措置として有効だと思います。

※破れたパッチはそのままでは縫い付けが出来ません。

必ず裏側からの下地補強が必要です。

なので、今回の作業の流れは、、、

① 劣化した紙パッチを外す

② 裾上げアタリ出し加工を行う

③ 紙パッチを補強してから付け直す

④ 完成!

という工程になります。

よろしいでしょうか?

劣化したパッチは無理して付けておかずに

外して、保管されるお客様もおられます。

そのほうが、資料になりますので、、、

無理してリペアして付ける必要も無いと思います。

リペアするかどうかは お客様の判断 に委ねますので、

宜しくお願い致します。

(加工前に外して、そのまま返却する事もあります)

今回の工賃は

裾上げアタリ出し加工 5000円

紙パッチ補強取り付け 1500円

合計 6500円(別途送料)となります。

以上です。

裾上げアタリ出し加工も色々な例がありますので

今回のブログを参考にされてください。

宜しくお願い致します!

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加