リーバイス559? 3rdタイプ 裏ブランケット付き ビッグE 均等V ボタン裏が銅製で刻印O 

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。


・インスタグラム復活しました、、、
アカウントは hands.on.denim です。

https://www.instagram.com/hands.on.denim/?hl=ja

それでは今回紹介するのはこちらです。

裏ブランケットが付いたGジャンです。

3rdタイプの559XX、559(パッチが大きい)

4thタイプの70505(パッチが小さい)

もしくは両方の品番が表記されたWネームですね。

※557の裏ブランケット付きが559です。

70505は裏ブランケットが付いても、同じ品番でハイフンから下の数字が違っています。

ステッチ跡が残っていました。

赤点がその角になります。

これは大きいパッチ跡です。

これで70505(4th)より古い年代です。

もちろんビッグEです。

Vの幅は左右均等です。

フラップ裏は表と同じデニムを使っています。

これで559XXの可能性は低くなりました。

XXの場合はフラップ裏にライトオンス生地を使っています。

(パッチ表記が全てですが、、、)

ポケット裏の Wステッチ&黄色カンヌキ留め も559の特徴だと思います。

70505(4th)になると、シングルステッチ&黒いカンヌキ留め だと思います。

以上のディテールから559 もしくは559-70505のWネーム かな?

Wネームは激レアなので、、、559でしょう。

過去ブログでもこれと同じ年代だと思われる557を紹介しています。

こちらをクリック

こちらのモデルはボタン裏がOでした。

今回のボタン裏はどうなのでしょうか?

やはりOでした。

何か違和感を感じませんか?

色が何だか違いませんか?

最初見た時、あれ?

なんで裏が銅色になっているの?

不思議でした。

初めて見るタイプです。

(普通はシルバー色です)

ボタン表が銅色なのは、プリシュランク(防縮)デニムの特徴です。

しかし 裏も銅色とは、、、汗

他のボタンはどうなのでしょうか?

うわ!

全部同じで、銅色です。

(光の反射で違って見えますが、全て同じでした)

これもビンテージデニム特有の個体差でしょうか?

やはりビンテージデニムは色んな物が出てきて面白いです。

他にも個体差ネタがあれば紹介しますので、よろしくお願いします。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加