またまた、股のリペア、、、笑 解体リペアの紹介 2例です。

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

またまた 股のリペア紹介になります、、、笑

リペア依頼がとても多い部分です。

こちらはリーバイスの古着ジーンズです。

色目から見ても、かなり弱っていますね。

ここは ジーンズ特有 の破れ方だと思います。

小股(前股)の裏側のパーツ(持ち出し)が当たっているのが原因です。

こうなると、要解体リペアですねぇ、、、汗

前股以外にも 内股、後股 広範囲に解体が必要でした。

出来上がりがこんな感じになりました!

解体リペアなので、綺麗に仕上がったと思います。

小股(前股)部分の がっぽり穴 は 色落ちの近い古着デニムを移植しました。

生地移植リペアのメリットは、、、

縫い込みが少なくて済むので、仕上がりが硬くなりにくいです。

なので、 動きがある股部分 には向いていると思います!

デメリットはリペア部分の色目が 生地色の影響 を受けます。

縫い込みだと、数百色の糸色から選択出来るのですが、、、

生地移植の場合はそれが限られます。

よって、生地探しが大変ですね、、、汗

今回は、色落ちが近い古着デニムを使えたので

周囲に馴染んでおります。

そして、しなやかに仕上がったと思います。

※毎回必ず、こうゆう結果になるとは限りません。

裏からどうぞ!

このように ダメージ周辺も 広範囲に補強リペアをしております。

前股(小股)裏の 持ち出し 部分もきちんと 再構築しております。

かなり面倒な部分のリペアでした、、、汗

今回のリペア工賃ですが、、、

内股、前股、持ち出し部分、後股 全て解体リペア+広範囲補強という事で、、、

12000円(別途送料)となります。

もう1本紹介します。

こちらもリーバイスの古着ジーンズでした。

定番ダメージ?

内股の段差が擦れております。

あとは後股の付け根が破れていますね。

こちらも 綺麗に直したい! との事で、、、

解体リペアのご依頼でした。

※今回のダメージレベルであれば、解体無しの そのままリペアでも可能です。

こんな感じに仕上がりました!

解体リペアなので、立体感を保ったまま 綺麗に直せたと思います!

最後に裏からご覧ください。

今回は比較的、補強は少なめでOKでした。

それでも 内股と後股 は要解体リペアとなりました、、、

こちらの工賃は 8000円(別途送料)となります。

ちょっと急ぎ足でしたが、、、

色々な例があるので 参考までにお願い致します。

では!

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加