リーバイス506XX(1st)ビンテージ ボタンとリベット両面再利用取り付け ソデ先の解体リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

こちらはリーバイスの506XX(1st)ビンテージです。

1940年代なので、リベット刻印が中央寄りです。

胸ポケットのリベットが欠損しています。

以前はリベット欠損は既製品のパーツを代用する事も多かったのですが、、、

やはり、このようなこだわりの商品は オリジナル品をつけたい!

というお客様の声が多かったです。

研究に研究を重ねました、、、滝汗

そして、遂に、、、

パーツ取りの中古ビンテージ商品(ジャンク品でOKです)を提供して頂くと

パーツを外して、移植する事が可能となっております。

※当店の中古ビンテージパーツは現在使いきって、ありません、、、涙

オリジナル品の両面再利用取り付けに成功しました!

こちらはかなりの技術を要しております、、、滝汗

金属を加工しないと、このように再利用取り付けは出来ません。

一度潰れてしまった金属を元の状態に復元してから

取り付けております!

※その具体的な方法は企業秘密です。

お次はこちらです。

いきなり解体でスミマセン、、、

ビフォー画像の取り忘れです、、、汗

こちらもリーバイス506XX(1st)ビンテージでした(最初の画像とは別物)

ソデ部分の解体リペアをおこないます。

超ボロボロだったので、、、汗

このように全面補強が必要な状態でした。

このように仕上がりました!

解体リペアなので、綺麗に仕上がったと思います。

ボタンとボタンホールも復元しております。

ボタンはもちろんオリジナル品を再利用取り付けです。

ここまでは、いつも通りですね、、、

リベットと同様に、、、

ボタンも裏側の再利用取り付けが可能となっております!

こちらも簡単に書いておりますが、、、

かなりの技術を要しております。

ボタンの内部構造を元の状態に加工します。

(直す為に特殊な金属加工を行います)

その工程を経て、ボタンを付けております!

※その具体的な方法は企業秘密です。

今回は再利用取り付けですが、、、

ボタンが欠損している場合は

パーツ取りの中古ビンテージ商品(ジャンク品でOKです)を提供して頂くと

パーツを外して、移植する事が可能となっております。

※当店の中古ビンテージパーツは現在使いきって、ありません、、、涙

ビンテージ品のボタンやリベットが既製品に交換されている場合でも

パーツ取りの中古ビンテージ商品を同封されると、再利用取り付けは可能です。

いやー、、、長い道のりでした。

裏面の再利用取り付けの研究は何年もずっとやっていましたので、、、汗

ちなみにリペアに関する

ボタン、リベット表のみ再利用取り付けは現在、無料サービスです。

※隠しリベットは見えている側が裏側なので、再利用取り付けは有料になります。

あと、例外が1点あります。

リベット裏アルミの商品です。

アルミリベット裏は再利用取り付けが出来ません、、、涙

こちらも再利用取り付けの研究は色々やっておりますが

素材が弱くて、難しいですね、、、汗

銅製、鉄製の銅メッキ こちらの素材でしたら 再利用取り付けに成功しております!

現在、ボタン リベットの再利用取り付けに成功しているのは

リーバイスのビンテージ品のみです。

他社製品、リーバイスの復刻とレギュラー は試験していないので

何とも言えません。

両面再利用取り付けで重要なのは、内部構造です。

表からではそれがわかりません、、、汗

分解して、内部構造を理解して、再利用取り付けが出来るか試験する

という、かなりの手間暇が必要です。

なので、簡単に どのメーカーも出来ますよ!とは言えません。

ご理解の程宜しくお願い致します。

前置きが長くなりましたが、、、

今回の工賃です。

・506XX(1st)胸ポケット ビンテージリベット両面再利用取り付け 1ヶ所3000円

※中古の部品取りパーツはお客様が持ち込みです。

・506XX(1st)カフス全体の解体リペア、全面補強 12000円

ビンテージボタン両面再利用取り付け 1ヶ所3000円

※リペア依頼で 表のみの再利用取り付けの場合は無料サービス

今回の依頼品を納品後、、、

喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心です。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加