リーバイス501XX ギャラ入り ビンテージ ループ制作+取り付け テーパード加工 内股の解体リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今年も新作ジーンズ作りを行いたいと思います。

只今、サンプルを制作中です。

色々とやる事が多くて大変なのですが、頑張りたいと思います。

(新作ジーンズの制作日記もブログで書かないと、、、汗)

今回紹介するのはこちらです。

シルエットがズドーンと真っ直ぐなパイプドストレートジーンズです。

別名 ドカン(土管)ストレートと呼ばれる事もあります。

しかし、色が非常に濃くて状態は良さそうな感じです。

こちらはテーパード加工をします。

リーバイス501XX ギャラ入り ビンテージになります(1955年~62年頃)

隠しリベット有り、リベット裏銅色、フライボタンが足長R というディティールです。

501XXギャラ入り ビンテージがこの濃色なので、かなり高額だと思います、、、

あら、、、

ベルトループが無い!

という訳で、かなり格安で購入されたそうです。

当店で リペア&リメイクするのが前提 で購入だったと聞いて、嬉しかったです。

当店にはベルトループ専用ミシン(ユニオンスペシャル)があるのをご存知でした!

ベルトループ用のビンテージデニムも持ち込みされたので

それを使わせて頂きます。

内股部分が擦り切れていました。

こちらは解体リペアを希望だったので、そのようにします。

それでは出来上がりがこちらになります。

テーパードシルエットに変わりました!

スソ幅17センチ仕上げです。

501XXには見えない細さになりました!

インシーム詰めなので、もちろん耳(セルビッチ)は無くなりません。

生地の捻じれもより大きくなっています。

スソ縫いはもちろんチェーンステッチ仕上げです。

ユニオンスペシャルのミシンを使います。

イエロー綿糸の指定があったので、そのようにしています。

ベルトループを制作して、取り付けを行いました。

生地はお客様が持ち込まれた ビンテージデニムです。

(ワンウォッシュレベルの濃紺でした)

501XXギャラ入りの特徴である ループずれも再現しています。

ループのWステッチはイエロー綿糸

ループの縫い付けはオレンジ綿糸のカンヌキとなっております。

(そのようなオーダーをされました)

ベルトループを制作+取り付けする場合は

こうゆう糸の配色違いを楽しむ事が出来ます。

最後に内股のリペア部分です。

解体リペアなので、内股の段差も立体的に直す事が可能です。

そのままリペアだと、段差が潰れてしまいますので、、、

裏から見ると、ダメージの周辺補強もしっかりと行っています。

これでビンテージデニムもガンガン穿く事が出来ますね!

今回の工賃ですが、、、

ベルトループ制作+取り付け 5000円

テーパード加工 6000円

内股の解体リペア 6000円

合計 17000円(別途送料)です。

納品後、喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心です。

ビンテージジーンズの相場が上がっているので

このようなダメージ品(訳あり品?)を相場より安く買われて

リペア&リメイクで楽しむのもありですね。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加