リーバイス501 66後期モデル? インシーム詰めテーパード加工+スソ上げアタリ出し加工

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

納期が遅れていて、ご迷惑をおかけしております。

申し訳ございません、、、

それでは今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

今回は全て加工後のアフター画像となります。

ビフォー画像の取り忘れです、、、恥

かなり穿きこまれた古着のジーンズです。

全体的にかなり色が薄くなっております。

Exif_JPEG_PICTURE

リーバイス501 スモールe

後ろポケットのステッチ裏がチェーンステッチです。

66後期モデルだと思います。

(赤耳モデルの可能性もあります、、、)

1980年頃の古着ジーンズだと思ってください。

Exif_JPEG_PICTURE

前身頃の全体画像です。

インシーム詰めのテーパード加工とスソ上げアタリだし加工をやっています。

インシームを詰めるので、アウトシーム部分のアタリ感はそのままです。

セルビッチ(耳)付きのジーンズはこの部分の色落ちが重要ですからね。

(穿いている時に、他人から一番見られる部分です)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

左右の足です。

インシーム上のステッチは縫い継ぎ無しです。

全部解いて、全部縫い直しております。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

スソ幅19センチ仕上げとなっております。

元は21センチ?だったかな、、、

太もも付近から全体的に詰めたと思います。

(かなり前にやったので、忘れてしまいました、、、恥)

※この加工を依頼の際は、出来上がりのスソ幅の指定をお願いしております。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

スソ上げアタリだし加工の裏側です。

もちろん、チェーンステッチ仕上げとなっております。

ここまで色が薄くなってしまったデニムも

このようにアタリを復活させております。

(元のスソが無くて、スミマセン、、、恥)

元の色が濃いデニムだったら、楽にこの加工は出来るのですが

これくらいまで色が薄くなると、かなり難しいです。

何が難しいかと言うと、、、

自然な濃淡のメリハリなんですね。

色を抜いたり、足したりという作業を行っています。

色を抜きすぎても、足しすぎてもダメ、、、

ちょうど良いバランスがあります。

今回はとてもうまく出来たと思っています。

この部分が加工技術で作られた物だと

他人から気づかれないのでは?と思います。

(依頼者さまからそうゆう声を聞きますので、、、)

毎回これくらい上手くいけば嬉しいですね、、、

経験値としてのノウハウはかなり蓄積しております。

やればやるほど、上手くなる加工だと思いますので、、、

こちらの工賃が

インシーム詰めのテーパード加工 6500円

スソ上げアタリだし加工 5000円

合計 11500円(別途送料)

この合わせ技の依頼が最近増えております。

穿きこまれた古着のジーンズも

理想のシルエットとスソのアタリ感を復活させたい方が多いのでしょう、、、

オーダーお待ちしております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加