リーバイス501XX 1950年代 革パッチ? 過去リペアを外してから、オーバーホール級の全体リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

最近は、オーバーホール級のリペア作業が続いております、、、汗

なぜか、同じ時期に集まっております。

オーバーホール級はどうしても納期が延びてしまいますので

ご理解の程宜しくお願い致します。

そんな前置きから、、、

今回紹介するのはこちらです。

オーバーホールリペアの紹介となります。

ビフォーから紹介すると、長すぎるので、、、汗

解体後からの紹介にします。

左右太もものダメージ部分ですが、過去リペアがありました。

丁寧に当店で外しております。

過去リペアの外し代は有料です。

右足のアウトシーム部分も弱いので解体しました。

※当店の基本リペアではアウトシーム部分は開きませんが

オーバーホールリペアの際は開く事もあります。

アウトシーム部分が弱いと、再構築出来ません。

太ももの延長で、前ポケットまで弱っております。

下から上まで 完全に全面補強リペア となります。

もちろん、ポケット入口も綺麗に直します。

内股部分も弱っているのでリペアをします。

リペア周辺補強も左右太もも からの流れでつなげるようにします。

今更ですが、、、

こちらのジーンズは リーバイス501XX ビンテージ

フライボタンが ブツブツの通常R 刻印 なので、、、

1950年代中盤のジーンズです(革パッチの可能性が高い)

今から65年前のジーンズでボロボロですが、、、

それでも価値があるのがビンテージジーンズです。

お尻部分ですが、右側にダメージが偏っていました。

そうゆう穿き癖だったのでしょうね。

こちら側を大きく補強したいと思います。

お尻中心も通常リペアでは解体しないのですが、、、

オーバーホールリペアでは解体して直します。

ちょっと順番が前後します。

ポケットスレキ(袋布)もボロボロなので

新品に交換をします。

リベットの表は再利用をします。

こちらは鉄製の銅メッキリベットでした。

1950年代に多い素材ですが、銅に比べて鉄はとても硬いのです。

再利用をするのに、いつも苦労しております、、、汗

それでは非常に長い時間を掛けてリペアをして

再構築をしたのが、こちらになります!

左右太ももの全面補強リペアを行っています。

こうみえて、強度もしっかりしていますよ!

(後で裏からお見せします)

ダメージ跡がわかるように 直して欲しいとのオーダーでした。

個人的にこうゆう雰囲気は好きです。

自然でありながら、デザイン的でありながら、カッコ良いと思います。

今回はダメージ穴の当て布を通常よりも厚手にしてみました。

そうすることによって、縫い込みステッチを少なめにしても

強度を保てるからです。

当て布の厚さとリペアステッチのバランス感というのがあります。

そこを考慮して作業をしております。

股は解体リペアとなっています。

小股ステッチはXXを再現する為に、太い番手の綿糸を使っております。

左右前ポケット入口は解体リペアなので、綺麗に仕上がっています。

見えにくいのですが、サイドシーム付近も解体リペアです。

リベット表は再利用取り付けを行っています。

裏側からの突起は新品交換です。

突起のツヤも半年位で、馴染みますので問題ないと思います。

コインポケットも解体リペア済みです。

後ろ身頃を見ていきましょう!

右お尻は広範囲に補強リペアをしております。

(あとで裏からお見せします)

バックセンターも丁寧に解体してから再構築しております。

オーバーホールリペアではここも解体します。

簡単に書いておりますが、非常に難易度が高い部分だと思います。

スミマセン、、、順番が前後しました。

股の部分のリペア跡です。

解体リペアなので、綺麗な仕上がりだと思います。

裏からお見せします。

弱い部分の補強もバッチリです。

では、最後に裏からの画像です。

左右太ももの全面補強リペアの補強が良くわかると思います。

太もも~前ポケット下~内股

全部補強しています。

ボロボロのビンテージジーンズを日常着として穿けるようにしています。

ガンガン穿いて、洗濯機でガンガン洗う 事が可能です。

ポケットスレキ(袋布)も新品交換しています。

ポケットもガンガン使ってください!

お尻の補強範囲です。

片側に偏っていますが、、、

そのような劣化状況でした。

それを見極めて、作業しております。

バックセンターはチェーンステッチ仕上げです。

見えない部分なので、どうでもいいと思いますが、、、

ここは負荷が掛かるので、チェーンステッチ+影武者ステッチ補強にしています。

以上でございます。

当店では 究極のリペアメニュー

オーバーホールリペアです。

とてつもなく高額な工賃なのですが、、、

それ以上に とてつもなく、手間暇を掛けております。

ご理解の程宜しくお願い致します。

今回の工賃は 70000円(別途送料)となります。

※過去リペアのステッチ外し代込み

通常納期よりもお時間を頂くと思いますが、、、

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加