新作ジーンズ S66TP プロトタイプ 穿き込み2ヶ月半の紹介します。

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。


・インスタグラム復活しました、、、
アカウントは hands.on.denim です。

https://www.instagram.com/hands.on.denim/?hl=ja

新作ジーンズ S66(TP)予約の問い合わせもボチボチありまして

ありがとうございます。

予約終了の期限まで2週間程ありますので、今回は穿き込みレポートをします。

このS66(TP)は染めが非常に濃いので、殆ど変化していませんが、、、苦笑

自分用に作ったS66TP(プロトタイプ)着用データです。

穿き始めは4/1です。

約2ヶ月半の穿き込みです。

洗濯は4回だったと思います、、、多分

(テーパード加工後に1回洗いました)

余り細かい事を気にしないで穿くタイプなので、申し訳ございません。

破れても自分でリペア出来るので、尚更そんな感じです、、、

RIMG1044

脱ぎたてほやほやです(苦笑)

穿きしわが多いのですが、宜しくお願い致します。

ご覧の通り、ドス黒いインディゴです。

RIMG1045

フロント、、、変化なし?

RIMG1050

独特のムラ糸感が出てきたかも?

RIMG1051

更にアップ!

縦落ちのきっかけがありますね。

これは嬉しい変化です。

全体的にザーザーになるのでしょうか?

凄く楽しみな部分です。

RIMG1053

ボタン、リベットのチェックをしてみましょう。

RIMG1054

鉄製月桂樹ボタン、、、まだ変化なし

RIMG1055

鉄製ドーナツボタン、、、まだ変化なし

RIMG1056

鉄製隠しリベット、、、まだ変化なし

これは膨らみのあるタイプに替えたばかりです。

(最初は鉄製のフラットタイプでした)

これからの変化に期待します。

ちょっと洗いが足りない?

ハンズオンオリジナル3rdモデルのボタンを鉄製月桂樹に替えた時は

ボタンが錆びるまで水に浸けおきしました。

ボタンがどうゆう変化をするのか見たかったので。

早く錆びさせたい(雰囲気を出したい)場合は

水に長時間浸けておくのが良いかもしれません。

Exif_JPEG_PICTURE

これが3rdモデルのボタンです。

S66(TP)と同じ物を採用しています。

凄くいい感じに錆びていますね。

ちなみに、、、

RIMG1057

試着見本の工場で洗ったジーンズの隠しリベットです。

早くもサビが出ています。

工場で洗って、乾燥機を使う方がサビが出やすい?

みなさんにお届けするジーンズの隠しリベットは

最初からこのようなサビが出ているかもしれません。

RIMG1047

左足です、、、殆ど変化なし

RIMG1048

テーパード加工をしたのでスソ幅は17.5センチになっています。

縫い上がり18.0センチですが、洗濯時にスソのチェーンステッチで縮みました。

スソ縫い専用 ユニオンスペシャル43200Gを使っています。

RIMG1049

チェーンステッチが縮むとこのような独特のウネリが発生します。

このボコボコした感じを専門用語でパッカリングと呼びます。

スーツなどのフォーマルウエアではパッカリングが出るのはNGです。

しかし、ジーンズのようなカジュアルウェアでは

このパッカリングが味になるのでOKです。

(むしろ狙って出したいくらいです)

RIMG1046

右足です。

RIMG1059

脇のセルビッチ部分にアタリが出ていました!

これは工業用ミシンの押さえレバーを上げる時に擦れるからですね。

縫製職人特有のアタリです。

RIMG1061

後ろ身頃です。

RIMG1062

お尻も少しだけアタリが出ていました。

RIMG1064

お尻中心の隠しリベット付近のアタリ

隠しリベットは今ではアタリ感を楽しむ部分かな?

リペア屋目線ですが、実は無い方が生地にダメージが出なくて良いです、、、苦笑

リペア屋としての意見ですが、隠しリベットの補強は意味が無いと思っています。

(ビンテージジーンズのディテールを楽しむ部分?)

RIMG1065

後ろポケットのステッチ周辺にもアタリが出ています。

ここはあえてラフに(下手に)縫っています。

沢山のビンテージジーンズを見てきたので、そうゆう雰囲気を出しました。

量産時に工場さんがどこまでこのラフさ(下手さ)を出してくれるか、期待します。

微妙なさじ加減だと思います。

いつも綺麗に縫っている人には難しい注文です。

RIMG1066

RIMG1067

色落ちしていませんが

テーパード加工でシルエットが細くなったので

ヒザ裏のしわがしっかりと出ています。

これは穿き込みでヒザ裏のハチの巣状のヒゲに期待出来ますね。

今まではXX系の太めのシルエットを穿いてきたので

このようなヒザ裏が出たのは初めてです。

これもテーパードシルエットのジーンズを穿く楽しみかもしれません。

以上です。

S66TPはビンテージジーンズのディテールを持ちながら

現代的なテーパードシルエットを楽しむことが出来ます。

(全体的に細めではなく、腰回りには若干のゆとりがあります)

これからどうゆう風に色落ちするのか楽しみです。

では!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加