リーバイス506 大戦モデル 復刻Gジャン(日本製) 金属パーツを全て交換 リアル大戦モデルにカスタマイズ(ボタン裏ツープロング加工)

こんにちは ジーンズリペア&クラフト hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ #handsondenim をお願い致します。

https://www.instagram.com/explore/tags/handsondenim/?hl=ja

今回紹介するのはこちらです!

リーバイス506 復刻 大戦モデルGジャン

1990年代後半 日本製の復刻 になります。

金属パーツを全て交換しました。

このカスタマイズは 過去ブログ で紹介していました。

それを読まれて、同じ仕様にして欲しい!

というご依頼でした。

当店の提案する カスタマイズ に共感して頂き嬉しいです。

鉄製の月桂樹ボタンに交換しております。

内部がS字になった Sカン仕様 です。

マニアックですね!

ボタン裏はドーム状になっていますが、、、

突起(プロング)が2個あります。

これは当店の独自技術 ツープロング加工です。

※手作業によるハンドメイド加工なので、突起の出方に個体差があります。

最近開発したばかりの技術ですが、早速オーダーがありました!

ご依頼ありがとうございます。

リベットは 鉄製の銅メッキ 交換しております。

こちらも使い込むと、リベットのサビ が染み出てくるようになっております。

シンチバック部分です。

バックルを交換しております。

(リベットも交換しております)

マニアの間では、伝説になっている、、、ユリの紋章バックルです。

こちらの 完全復刻品に交換しました!

鉄製なので、磁石に反応しますよ。

A シルバーを選ばれました。

こちらは3タイプ在庫があります。

A シルバー

B シルバーメッキ(メッキ加工)

C ブラック(ガンメタ)

詳しくは こちらをクリック

こちらのユリバックルですが、完全復刻なので

当時のビンテージ物と全く同じ形状です。

シンチベルトを通す隙間が狭いのです、、、汗

※針も尖っていて危険ですが、自己責任でお願いします。

よって、当店では先端の厚みをカットして

ベルトが通るように、カスタマイズしております。

(カットした先端は縫い直しをしております)

これもお客様の希望でお受けしております。

以上になります。

大戦モデル Gジャン復刻品 の金属パーツ部分を

全て リアルビンテージ仕様 に交換しました。

特別な1着の完成です!

こちらの工賃ですが

・鉄製の銅メッキリベットに交換 500円×6個=3000円

・鉄製月桂樹ボタン(Sカン)に交換 1000円×6個=6000円

・ドーム状ボタン裏のツープロング加工 500円×6個=3000円

・シンチバック金具をユリバックルに交換 5000円

合計 17000円(別途送料)となります。

こちらのカスタマイズは 納期1週間位 です。

納品後、喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心です。

昨日も全く同じ依頼(ご来店のお客様)がありました。

お客様曰く、、、

リーバイスのビンテージは高すぎて購入出来ない。

なので、復刻モデルをカスタマイズして楽しむのが現実的ですよ、、、

金属パーツの再現度が高いので、満足出来る と言われておりました。

私もそれに同感です、、、

オーダーお待ちしております。

・当店のウェブサイトをまとめたリンク集になります。

リペアのご依頼や商品のご購入などは、こちらからお願い致します。

https://hands-on-jeans.com/holt

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加