オリジナルトートバッグ S66モデルのエイジング 新作S76モデルのメイキングです。

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

ハンズオン オリジナルトートバッグ S66モデル!

制作したのは2019年2月でした。

細かいこだわりが沢山詰まっております。

過去ブログで制作日記を書いておりますので、良かったらご覧ください。

こちらをクリック

こちらはプロトタイプで自分用です。

ほぼ毎日使っていました。

このサイズ感(A4サイズ)がバッチリで、デイリーユースには必要不可欠でしたね。

気が付けば、、、1年以上使っています。

カジュアルにもフォーマルにも使えると思いました。

(持ち手のレザーが上品さを演出しているような、、、)

娘の卒園式でもスーツにこのバックを合わせてみました。

色んなシーンで活躍しております。

持ち手の部分です。

革のエイジングが始まっています!

栃木オイルレザーを採用しています。

持てば持つほど、味わいが出るようです。

変化が楽しいですよ。

S66に採用したのは 鉄製の月桂樹ボタン(デッドストック品)

こちらもじわじわと変化しつつあります。

サビは出ていませんが、新品時のツヤが消えております。

こかれらが楽しみです!

持ち手の補強には 鉄製の銅メッキリベットを採用しました。

こちらも色がくすんでいまして、いい感じの経年変化となっております。

そのうち、サビが革に染み出てくるのかな?

なんて予想しながら使い込んでおります。

さて、ここからが本題です。

こちらのトートバッグS66モデルは完売致しました。

完売後に多数のお客様から 再販して欲しい!

との声を頂きました。

実は、、、女性にも評判が良かったみたいで

うちの嫁さんが欲しがっている!

うちの娘が欲しがっている!

との声も聞いております。

こだわる男のマニアックアイテムだと思いましたが

これは意外な反響でしたね。

という訳で、、、

今回はリニューアルモデルを制作したいと思います。

新作オリジナルジーンズS76に合わせまして、、、

オリジナルトートバッグ S76モデルにします。

使う素材をS76モデルに合わせてみました!

内ポケット生地もS76に使ったインディゴシャンブレーです。

持ち手のレザーは前回同様にしています。

レザーの裏側は ざらつき があるので、トコノールで磨いております。

細かい部分も手抜き無しです。

では、ここからがメイキング編です。

カバン用のポケットに隠しリベットを付けます。

補強でここまでする必要はありません。

マニア向けですからね、、、(笑)

S76なので、使うミシンもビンテージにこだわっています。

ポケット外周の一筆縫いです。

ステッチの いびつさ も表現しています。

ここは感覚的に 個体差 を出すように、心がけます。

アウトシームの地縫いは こちらのアンティークミシンを使います。

今から約100年前に製造されたミシンです。

オーバーホール&再調整をしたので、絶好調です。

太い番手のステッチもガンガン縫ってくれますよ!

地縫い後のオーバーロックにはこちらのビンテージミシンを使います。

オリジナルジーンズS76の制作と同様のミシンです。

ベルトループももちろん、S76に採用した物と同じです。

ビンテージミシンを使っております。

最後はボタンホール縫いの紹介をします。

ユーチューブにUPしてみました。

こちらもビンテージミシンを使っております。

ゆっくりしか縫えませんが、、、

それが味わい深いですね。

(カチャカチャ音がローテクでいい感じです)

縫い目も詰まっていて、強度面も問題ありません。

ガッチリ縫えております!

それでは 出来上がったサンプルがこちらになります!

新作S76モデル 独特な青味の効いたデニムです。

左が旧作S66モデル 右が新作S76モデル

並べると、生地の色目が違いますね。

S76の生地幅がちょっと狭いので、サイズが若干小さめ?

となっております。

こちらのお値段が 12000円(税込み、送料込み)の予定です。

今回も受注生産を予定しております。

詳しくは、後日ブログにてお知らせしますので

お待ちください。

ご検討宜しくお願い致します!

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加