hands-on オリジナル デニムポケットT プロトタイプ(試作品)の紹介

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

毎日暑いですね、、、汗

ジーンズ穿いていますか?

僕は、、、頑張って穿いています(苦笑)

ハンズオンオリジナル2ndモデルを着用中です。

(ジンバブエコットンの12オンスデニム、、、柔らかくて夏向き)

超ロールアップして、7分丈にすると風が入ってきて涼しいですよ。

邪道な穿き方でスミマセン、、、

足元はビルケンシュトックのサンダルが多いです。

こんな暑い夏場にジーンズの提案は厳しいと思います。

夏にジーンズに合わせるトップスと言えば、、、

Tシャツでしょう。

僕の場合はとりあえず、Tシャツかな?

ジーンズにTシャツは超定番。

ファッションであり、普段着であります。

ジーンズ愛好家に提案するTシャツを作りたいなあ、、、

何年も前から思っていました。

日常業務が忙しくてなかなかチャンスが無かったのですが

今年の夏は、、、依頼が少ない、、、汗

でも、、、これはある意味チャンス。

新しい物をプロダクトアウト出来るぞ!

そこでまず考えていたのは、、、

デニムポケットTです。

どうゆうポケットをイメージしていたかというと、、、

RIMG0027-4

コインポケット!

コインポケットを使う人は少ないと思います。

正直言って、実用的なポケットではありません。

ここにコインを入れても、使いにくいです。

でも、ジーンズの歴史を残すディテールとして

(最初は懐中時計を入れていたから、ウォッチポケットと呼ばれていました)

現在も採用されています。

そして、、、

ジーンズ愛好家(マニアかも?)が気にするのは、、、

この部分の色落ちです。

このシワシワ感が味があって、いい感じですよね。

RIMG0028-5

これはリーバイス501 ビッグE ビンテージです。

ポケット入口はチェーンステッチになっていました。

だから、こんなにシワシワなのでしょうか?

チェーンステッチの方が洗うと、独特アタリが出ます。

(スソをチェーンステッチにこだわる人にはわかると思います)

そうなんです。

Tシャツにこのコインポケットをイメージした物を

(実用性は考えていません)

付けてみたいと思ったのです!

それではプロトタイプ(試作品)の紹介をしたいと思います。

RIMG1270

デニムを使うと色移りするかもしれないと思ったので、

最初はネイビーのボディーで試してみました。

RIMG1271

洗濯回数5回~10回です(数えていないのですが、大体これくらい洗いました)

ポケット全体のシワはもうちょっと欲しいかな?

でも、ポケット入口のパッカリングは十分ですね。

いい感じにシワっとなりました!

毎回、洗濯後にここを見るのが楽しくなるTシャツです。

デニム愛好家ならではのチェック項目かも?

やっぱりこのウネリがたまらない(笑)

RIMG1272

岡山産 こだわりのセルビッチデニムです。

セルビッチデニムを使っているというのをアピールしています。

デニム愛好家にはたまらないディテールだと思います。

RIMG1273

レーヨン製の赤タブです。

洗うとこんな感じに丸くなりますよね。

これをTシャツでも楽しんで欲しいという提案です。

デニム愛好家ならわかってくれると思います。

RIMG1274

ポケット入口の裏側はチェーンステッチ仕上げです。

縫製はオール綿糸で風合いが出るように工夫しています。

このチェーンステッチ仕上げのミシンですが、、、

RIMG1279

やはりこれでしょう。

ユニオンスペシャル43200G!

チェーンステッチ仕上げ スソ縫い専用ミシン をここで使ってみました。

8ミリ幅の設定にしています。

コインポケット外周のステッチワークを参考にしたのは、、、

RIMG1275

ハンズオンオリジナル2ndモデル!

ジーンズ創成期の1800年代終盤、、、片ポケット時代の501XXレプリカです。

このラウンドした独自のステッチワークが

パッカリングを生み出していると思いました。

こんなこだわり満載のデニムポケットTをこの夏に提案させて頂きます。

プロトタイプではデニムの色移りテストも兼ねていました。

ネイビーのボディーは大丈夫でした(同系色だから)

次はグレー系のボディーです。

RIMG1268

RIMG1269

大丈夫そうです。

このシワシワ感やステッチワークの個体差も参考にしてください。

白ボディーはさすがにだめかな?と思っていましたが、、、

RIMG1277

RIMG1278

大丈夫でした!

やはり白いTシャツにジーンズというのが私の定番。

この組み合わせをどうしても欲しかったというのもあります。

洗濯も5回以上行っていますが、問題ありませんでした。

白ボディーを採用します!

ボディーはもちろん綿100%にこだわるのですが、、、

問題がその肉厚です。

これを最初に作ったのは5月でした。

耐久性とデニムを貼るというのを考えて

ヘビーオンスにしました。

しかし、、、

ヘビーオンスは暑い、、、汗

特にここ最近はしんどいです。

ボディーの強度を考えながら、

もう少し薄手で着心地の良い生地に変更しますね。

という訳で、今回はプロトタイプ(試作品)の案内でした。

こうゆうストーリーでこのTシャツを作りました

というのを知って欲しかったので、、、

次回は本生産向けの、着用サンプルの紹介をしたいと思います。

宜しくお願い致します。

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加