リーバイス501 66初期(スレキプリント)左右太ももの全面補強、股の解体リペア、裾上げアタリ出し加工

こんにちは ジーンズリペア&クラフト hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ #handsondenim をお願い致します。

https://www.instagram.com/explore/tags/handsondenim/?hl=ja

リペア依頼が殺到しておりまして、

受注生産オリジナルジーンズS47 の完成メール案内が遅れております、、、汗

ご予約されたお客様、もう少々お待ちください。

今回紹介するのはこちらです。

(今回は全て完成後のアフター画像になります)

いきなり裏から紹介します、、、(笑)

何度もブログで書いておりますが

ジーンズリペアで重要なのは、、、

「生地が弱っている部分の補強です!」

穴だけを直しても、すぐに周辺から破れるからです。

しつこいですが、何度も書かせて頂きます。

それが、当店のデニムリペアに対する ポリシー でもあります。

ポケットスレキ(袋布)に印字があります。

通称 スレキプリント と呼ばれます。

こちらは リーバイス501 66初期モデル ビンテージ品です。

製造は1972年頃になります。

ビンテージデニムを日常的に着用するには

やはりこのような補強が必要になってきます。

というわけで、表をご覧ください。

色落ちの雰囲気を崩さずに、全面補強を行っております。

この色落ちと全体の雰囲気は まさにビンテージジーンズです!

ヒザにはダメージ穴がありました。

少しダメージ穴がわかりますが

必要十分なリペア強度があります。

縫い込みが多いと、ダメージ穴が目立たなくなりますが

それだけ硬さが出ますので、バランスを考慮しております!

ヒザや太もものダメージリペアの場合

アウトシームは基本的に開きません。

よって、ヒザの色落ち(ヒゲのライン)はずれません。

ビンテージジーンズ(レプリカジーンズ)では

アウトシームのアタリ感はとても重要だと思います。

こちらのビンテージジーンズですが、、、

裾上げアタリ出し加工を行っております!

今回は非常に難易度が高かったです。

スソ付近の生地が弱っていて

アタリ出し加工には厳しいコンディションでした、、、汗

生地になるべくダメージを与えないように

何とか アタリ出し加工を行っております。

貴重なビンテージジーンズに対して

1発勝負の 裾上げアタリ出し加工です。

ひやひや しながらの作業でした、、、汗

いつもとは 違った角度 で紹介します。

内股~お尻部分を 解体リペアしました!

解体リペアなので、縫い代部分も綺麗に仕上がっております。

裏側から見ると、このような仕上がりになっています。

今回はピンポイントに近いダメージだったので

周辺補強は少なめですね。

※ダメージ状況によって生地の補強範囲は変わってきます。

以上になります。

今回の工賃ですが、、、

左右太ももの全面補強、ヒザ穴のダメージリペア 10000円

内股~お尻部分の解体リペア 8000円

裾上げアタリ出し加工 5000円

合計 23000円(別途送料)となります。

リペアと裾上げアタリ出し加工の合わせ技でした!

このような複合加工の依頼も多いですよ。

オーダーお待ちしております。

・当店のウェブサイトをまとめたリンク集になります。

リペアのご依頼や商品のご購入などは、こちらからお願い致します。

https://hands-on-jeans.com/holt

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加