リーバイスビンテージ復刻(LVC) ウエアハウスのジーンズ テーパード加工+裾上げアタリ出し加工 

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

新作オリジナルジーンズS76の制作を再開しました。

予約されたお客様、もう少しで完成しそうです。

もう少々お待ちください。

(受注生産で制作しております)

では、今回紹介するのは3本セットになります。

(全て完成後のアフター画像になります)

テーパード加工+裾上げアタリ出し加工の紹介です。

当店の人気メニューの合わせ技となります。

こちらはユーズド加工のジーンズがベースになっています。

こちらは リーバイス ビンテージ復刻

66501(1966年モデルの501)です。

ヒザ下がすっきりと細くなっていまして

スソ部分のアタリ感も再現しています。

スソ幅は17.5センチ仕上げですが

アタリ出し加工によって更に先端が縮んでいます。

アタリ出しの為に、スソのパッカリング(縫い縮み)を出さないといけません。

ご理解の程宜しくお願い致します。

スソのアタリ感はジーンズ全体の雰囲気に合わせています。

続きまして、、、

2本目の紹介です。

こちらはリジッド(生)から穿き込みされて 色落ちした段階で、

テーパード加工+裾上げアタリ出し加工のオーダーでした。

米国製の リーバイス ビンテージ クロージング(LVC)です。

品番が載っていませんが、、、汗

501XX 復刻 だと思います。

ヒザ下がすっきりと細くなっていまして

スソ部分のアタリ感も再現しています。

スソ幅は16.5センチ仕上げですが

アタリ出し加工によって更に先端が縮んでいます。

アタリ出しの為に、スソのパッカリング(縫い縮み)を出さないといけません。

ご理解の程宜しくお願い致します。

スソのアタリ感はジーンズ全体の雰囲気に合わせています。

続きまして、、、

3本目の紹介です。

こちらはリジッド(生)から穿き込みされて 色落ちした段階で、

テーパード加工+裾上げアタリ出し加工のオーダーでした。

ウエアハウスのダックディガーになります。

ヒザ下がすっきりと細くなっていまして

スソ部分のアタリ感も再現しています。

スソ幅は17.5センチ仕上げですが

アタリ出し加工によって更に先端が縮んでいます。

アタリ出しの為に、スソのパッカリング(縫い縮み)を出さないといけません。

ご理解の程宜しくお願い致します。

スソのアタリ感はジーンズ全体の雰囲気に合わせています。

以上でございます。

こちらの工賃は

インシーム詰めのテーパード加工 6000円

裾上げアタリ出し加工 5000円

合計11000円(別途送料)となります。

納品後、お喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心です。

古着や色落ちジーンズをカスタマイズされたい場合に

今回のテーパード加工+裾上げアタリ出し加工はとても有効です。

依頼が増えてきましたので、紹介してみました。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加