職人プロフィール
職人のこだわり
工房の紹介

ジーンズリペア
ジーンズのリメイク
オリジナルジーンズ販売
その他

ご利用ガイド(作業の流れ)
よくあるご質問
料金表
PDFfax

hands-onリペア&リメイクのこだわり     お客様の感謝の声はこちら




hands-onリペアのこだわり



・ダメージ穴周辺の補強が重要


ジーンズのダメージ穴というのは表から見ると小さくてもその周辺が弱っていています。

穴だけを直すとその場しのぎになってしまい、穿いていると周囲から再び破れてしまいます。

ジーンズを長持ちさせる為に、周辺補強をしっかりと行ないます。




・縫い代付近のダメージは丁寧に解体してリペアする事が可能

ポケットの入口、股付近など縫い代が重なる部分というのは

そのままリペアすると縫い代が潰れて、見た目が悪くなり

そこだけ硬くなって穿き心地が悪くなります。

そうならないように、縫い代は解体してからリペアをして

再構築する事が出来ます。

そうすると、見た目が綺麗で穿き心地も悪くなりません。

但し、仕上がりよりも工賃重視の場合はそのままリペアをする事もあります。




・アウトシーム(脇)は極力解体しないでリペアをします

ジーンズの色落ちのカッコ良さの一つに、アウトシーム(脇)の色落ちがあります。

なので、その部分の色落ちはオリジナルをなるべく保つように心がけます。

太ももやヒザ穴のリペアをする際にもアウトシーム(脇)を開かずにリペアをします。

但し、ダメージ穴がアウトシーム(脇)部分まで達している場合は

その部分だけを解体する事もあります。




・バックポケットの隠しリベットは外さずにリペアをします

ビンテージ(レプリカ)ジーンズのバックポケットには隠しリベットが付いた物が多いです。

これを外してリペアしてもポケットの取り付け強度に問題はありませんが

ビンテージ(レプリカ)ジーンズ愛好家にとっては大切なディテールとなっています。

私もビンテージ(レプリカ)ジーンズ愛好家の一人なので、その大切さがわかっています。

よって、後ポケットを解体する際も、隠しリベットを外さずにリペアを行っています。




・ジーンズを縫製する専用のミシンを持っています

当店の持っているジーンズ専用ミシンは

・シングルステッチ 平ミシン①(リペア専用の細番手設定)

・シングルステッチ 平ミシン②(ステッチ専用の太番手設定)

・シングルステッチ ポスト型ミシン(狭い部分をそのまま縫える特殊ミシン)

・チェーンステッチ 平ミシン (厚物仕様、、、20オンス以上のデニムも縫えます)

・チェーンステッチ スソ上げ専用ミシン (ユニオンスペシャル43200G、、、20オンス未満)

・オーバーロックミシン (厚物専用カスタムで高い段差も越えます)

・カン止め(カンヌキ、バータック)専用ミシン



その他、岡山県児島の提携工場でもミシンを借りる事があります。

  ボタンホール専用 ミシン
ベルトループ専用 ミシン
    シンガー299
カンサイスペシャル







hands-onリメイクのこだわり



・加工技術と独自の感性でリメイクジーンズを製作します


以前働いていた岡山県児島のジーンズ加工工場で数百点以上の

リメイク加工ジーンズの展示会サンプルを作ってきました。

名前は出せませんが、国内・海外でも有名なメーカー様とも取り組みをしていました。

フランスで開催される国際的な展示会 プルミエール・ヴィジョンや パリコレクションの

出品アイテムにもデニムのリメイク加工で協力した事があります。

そのような経験を生かして、hands-on独自の感性でリメイクジーンズを製作します。

素材の相性によって出来る事と出来ない事がありますので、リメイク前にアドバイスさせて頂きますが、

希望工賃に基づいた、可能な限りのリメイク加工を行いたいと思っています。

hands-onのリメイクによって今まで、着用しなかったアイテムを復活させ

お気に入りの1着に出来るように努力いたします。

お任せリメイク 前身 お任せリメイク 後身



© hands-on  All Right Reserved.