リーバイス505 66前期モデル 前ポケットの解体リペア、スレキ(袋布)の交換、リベット表の再利用、股の解体リペアなど、、、

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

納期が遅れていて、大変ご迷惑をおかけしております。

アナウンスしている3ヶ月より+10日以上になってきました、、、大汗

本当に申し訳ございません。

(休日も作業していますが、追いつかない、、、)

今回紹介するのはこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

トップボタンが銅色でジッパーフライなので、、、

リーバイス505です。

こちらは66前期モデル(バックポケットシングル)になります。

年代でいうと、1973年~76年頃に製造されたものです。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

左右前ポケット入口にダメージが出ています。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

スレキ(袋布)もボロボロになっています。

(過去のリペア跡もありますね)

全体が薄くなっているので、新品に交換します。

という訳で、ポケット入口は解体リペアとなります。

(スレキを交換するには要解体なので、、、)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

内股部分のエッジがダメージでボロボロです。

そのままリペアでも直せるダメージですが

綺麗に直せる解体リペアをお客様が選ばれました。

※このような場合は

そのままリペア(割安)と解体リペア(割高)の両方の見積もりを出します。

Exif_JPEG_PICTURE

左前ポケット下部分にこのような小穴が空いています。

こちらは強力リペアで穴埋めをします。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

という訳で、解体をしました。

解体するのが非常に手間なので、時間が掛かります。

相当な数をこなしていますが、解体作業は早くなりません。

一番手間な工程かもしれませんね。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

外したリベットです。

裏がアルミ製になっていて

ちょっと引っ張ると、裏フタがぽろっと折れてしまいます。

経年劣化している証拠です。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

裏側に刺さったままのアルミ芯を外しました。

全部綺麗に外せたので、これで表側の再利用は間違いないでしょう。

かなりの数をこなしてきたので、安定感あります。

それでは出来上がりがこちらになります。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

解体リペアなので、綺麗な仕上がりだと思います。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

アップです。

エッジ部分も綺麗になりました。

そして、リベット表は全て再利用に成功しました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

各ポケットの裏側です。

表から見えない部分も綺麗に仕上がっていると思います。

依頼主が現物を手に取られて一番喜ばれる部分かも?

裏も綺麗になっていて、嬉しいと良く言われます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

新品に交換したポケットスレキ(袋布)です。

しなやかなで強度もバッチリです。

前ポケットをガンガン使えますよ!

Exif_JPEG_PICTURE

リベット裏は既製品に交換となりますが

素材はオリジナルを意識してアルミ製にしています。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

前ポケットデニム生地の裏側です。

ダメージ周辺の弱い部分も補強しています。

Exif_JPEG_PICTURE

股のリペア後です。

解体リペアなので、綺麗な仕上がりだと思います。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

アップです。

前後の縫い合わせでお尻側が少し左にずれているのは

わざとやっています。

リペア前画像を見ると、元々そうなっているのがわかると思います。

※ビンテージ物は縫いがずれているのも、ビンテージらしい味なので

出来るだけ再現しようと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

裏からもお見せします。

ダメージの周辺生地も弱っていたので

補強しています。

それほど広範囲ではありませんが、、、

Exif_JPEG_PICTURE

最後に小穴の強力リペアです。

強力リペアで穴埋めすると、生地の硬さが気になるのですが

このくらいの大きさだと、ほとんど気にならない思います。

以上です。

今回は解体リペアが多くて、当店の技術が出せたのでは?

なんて思いました。

納品後に、依頼主から

「よくここまで直せましたね! 苦労されたでしょう」

との コメントを頂きました。

解体リペアの大変さを理解して頂き、嬉しかったです。

こちらの工賃ですが

左右前ポケットの解体リペア(コインポケット、向こう布の補強リペア含む)10000円

左右前ポケットのスレキ(袋布)交換 7000円

リベット表の再利用成功 500円×6個

股の解体リペア 6000円

小穴の強力リペア 1000円

合計 27000円(別途送料)

オーダーお待ちしております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加