リーバイス3501 66前期デッドストック W76L45(501超ビッグサイズ)→W32L36 オーバーホールリサイズ(完全解体、仕立て直し) 

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

デカイ!!!

大きさを顔で表現してみました、、、笑

こちらはリーバイス 3501(501の超ビッグサイズ品番)

66前期(1975年頃) デッドストック(新品未使用)になります

W76(約193センチ) L45(約114センチ)

これは人間の着用サイズじゃないと思いますよ、、、汗

ディスプレイ用の広告ジーンズでしょう!

依頼主は、前回ブログのお客様です。

こちらをオーバーホール(完全解体)リサイズして欲しいサイズは、、、

前回と同じく、W32L36でした。

なので、同じ型紙を使わせて頂きました。

型紙は使い回し出来るので、

1本作るよりも、複数作られた方がお得ですね!

型紙用に準備されたのは 66前期モデル(W32L36)

今回、オーバーホールリサイズの依頼品も66前期モデル

同じ66前期モデルですが、、、

型紙用はゴールデンサイズです。

ゴールデンサイズのデッドストックは市場価値がとても高いです。

まだまだ値段が上がると思います。

依頼主さまも「これはコレクションなので、穿きたくない」との事

なので、超ビッグサイズを探してきて、、、

当店でオーバーホールリサイズしたい!という事です。

オーバーホールリサイズ品だと、デッドストックからでも

気軽に穿けるそうですよ!

という訳で、、、

完成したのがこちらになります。

工程を省略しておりますが、、、

超ビッグサイズを全解体

各パーツに仕分けする(裁断出来る状態に整える)

各パーツを 66前期デッドストック W32L36のパターンで裁断

再構築(仕立て直し)

という流れになります。

こちらは 66前期仕様にて制作しております。

オリジナル同様にオールスパン糸の縫製です。

リベット裏がアルミの場合は オリジナルの再利用取り付けが出来ません、、、涙

只今、再利用取り付けの研究中です。

アルミは素材が弱いので、加工が難しいのです、、、汗

なので、ここだけは既製品のアルミ素材に変更しております。

紙パッチは弱いので補強していますが、、、

お客様のファーストウォッシュ後に、縫い付けます。

(スソ上げでもう一度送って頂きます)

そんな感じです。

最近は 66前期のデッドストック も高額ビンテージになっております。

それだけ、数が減っているのでレア化が進んでおります。

なので、このようにオーバーホールリサイズのオーダーもボチボチあります。

こちらの依頼品の後に、66前期のデッドストックでもう1本行いました。

何度も書いておりますが、、、

こちらのご依頼は 来店者さま限定メニュー となっております。

お会いして、打ち合わせをお願い致します。

こちらの工賃ですが、、、

50000円(別途送料)となります。

型代は前回の分で頂いたので(2本目)無料でした。

こちらのメニューは 超スペシャルなので、、、

納期は お任せ となります。

納期を意識して、作業をしたくありません。

心の余裕がある時に、じっくりと向き合いたい仕事です。

(それだけ、貴重な品を扱いますので、、、)

宜しくお願い致します。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加