hands-on オリジナルジーンズ 3rdモデル 色落ちとリペア、リメイクの紹介

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

只今、リメイクの超大作をやっている所で

頭がパンパンです、、、汗

リペアとはまったく違う脳みそを使うので

頭が疲れました。

さて、今回紹介するのはいきなりのリペア後 アフターからです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

お尻から内股にかけてのそのままリペア仕上げです。

Exif_JPEG_PICTURE

裏側から見ると、こんな感じで補強しています。

さて、このジーンズの正体は、、、

Exif_JPEG_PICTURE

hands-on オリジナルジーンズ 3rdモデル!

W30インチなので、細身に見えてしまいます。

デニム生地14オンス バージョン

※初期モデルのみデニム生地12オンス バージョンでしたが

生地の生産中止となりました。

現在はこちらの14オンス バージョンで制作しております。

(12オンスも14オンスも同じ天然インディゴ染めの縦糸です、横糸の太さが違うだけです)

リジッドで納品したのが 2015年1月

リペアをしたのが 2016年5月末

着用はどれくらいでしょうか?

わかりませんが、、、

かなりいい感じに育っていますね。

(結構前のネタになってしまってスミマセン、、、)

天然インディゴ ロープ染色(芯白) 独特の綺麗なブルーになっていて好きです。

洗濯もきっちりと行われている印象です。

個人的には、色落ちの為に洗わないという

根性穿きは好みじゃありません。

汚れたり、臭ったら ドンドン洗う

自然な色落ちが好きです。

(個人的意見なので、みなさんお好きに穿いてくださいね)

Exif_JPEG_PICTURE

ベルトループ無しの 1902モデルオリジナル JUKEBOX仕様

でも、ヒゲが出ているので かなりジャスト穿きだと思われます。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

自然な縦落ちをしています。

荒々しい感じじゃないです。

でも、点と点が線になるような

リアルビンテージっぽい感じです。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

スソはウネウネです。

Exif_JPEG_PICTURE

チェーンステッチ仕上げでした。

これのオリジナルはシングルステッチですが、

ここだけは あえてチェーンステッチ仕上げだと思います。

当店のユニオンスペシャル 43200G で縫っています。

Exif_JPEG_PICTURE

そして、後ろ身頃はこんな感じです。

Exif_JPEG_PICTURE

オールシングルステッチ仕様の特徴が出ています。

バックヨークとバックセンターのパッカリング(縫い縮み)が

ほとんど出ていません。

フラットな色落ちをしています。

(うーんマニアック)

裏がチェーンステッチだと、ギュッと縮んで

ボコボコしたアタリが出るんですけどね、、、

Exif_JPEG_PICTURE

革パッチの経年変化もかなりいい感じです。

未加工のすっぴん革を使うので

このようになると思います。

denimbaさんから入手した、特別な物ですから、、、感謝)

スタンプの剥げ具合も好きです!

見ていてウットリしてしまいます(笑)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ヒザ裏のヒゲはうっすらと出ています。

やはり、洗濯はしっかりされていたと思います。

洗濯が少ないと、ヒザ裏のヒゲがバッチリ出ますから、、、

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

シンチ金具について、お知らせがあります。

3rdモデルに採用してた物ですが

実は、壊れてしまうというトラブルが発生していました。

ちょっとクオリティーが不安定な作り?

そんな気がしました、、、

(私の穿いている3rdモデルは大丈夫なのですが、、、)

よって、オリジナルジーンズ1stと2nd に採用していた

鉄製の針シンチ金具に交換しました。

(上の画像は交換後です)

もし、当店のオリジナルジーンズ3rdモデルで同様のトラブルが発生した場合は

このように鉄製の針シンチに交換しますので、よろしくお願いします。

(工賃は無料サービスします)

※現在制作の3rdモデルはこちらの鉄製の針シンチを採用しておりますので

よろしくお願いします。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

リペアのついでに、カスタムリメイクの依頼もありました。

トップボタンを鉄製の月桂樹ボタン(デッドストック)に交換しました。

(裏側も鉄製です)

これを洗い込むと、非常にいい感じに経年変化します。

ボタン交換の際には、旧ボタン穴が残るので

その穴はリペアで埋めます。

こちらの工賃ですが 1500円です。

※鉄製の月桂樹ボタン(デッドストック)の取り付けのみだと1個 1000円です。

股のリペア工賃を書いていませんでした、、、汗

こちらの工賃は3000円の内容ですが

オリジナルジーンズのリペアは毎回2000円引きなので

今回は1000円となります。

(納期も優遇しております)

よって、

お尻周辺生地の補強リペア 1000円(特別割引)

シンチ金具不良の交換 無料

トップボタン交換のカスタムリメイク 1500円

合計2500円(別途送料)となります。

オリジナルジーンズをガンガン穿いて頂いてのリペア依頼は

非常に嬉しいです。

色落ちを見れるのもありますし、壊れた部分を見るのも

勉強になります。

そうゆう訳で、当店のオリジナルジーンズのリペアもお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

・ビンテージ(アンティーク)ミシンで作った製品も販売しております。

https://handsonjeans.thebase.in/

(BASE検索 hands-on-jeans)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加