リーバイス501 米国製 1980年代後半 30年穿き! 太ももとお尻 全面補強リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

(画像は全てリペア後のアフターです)

加工ジーンズ???

いや、違います。

リアルです!

色落ちを見るとわかりますが

加工ジーンズだと、全体をブリーチ洗いをするので

濃色部分がなくなります。

もっと のっぺり感 がでます。

しかし、このジーンズは部分的に 濃いインディゴが残っております。

(特にアウトシームとスソ)

これがリアル穿きの証だと思います。

こちらはリーバイス501です。

トップボタン裏 553 なので米国製になります。

アウトシームは耳(セルビッチ)じゃなかったので

1980年代後半の物でしょう。

これは古着の購入ではありません。

新品購入で 真っ紺の状態 からの穿き込みという事です(驚)

依頼主は このジーンズじゃないと駄目 だと言われておりました。

直して、これからもずっと穿き続けたいと、、、

穿き続けているうちに、ビンテージジーンズになってしまった例ですね(笑)

※購入から30年以上経過した物はビンテージと呼べるそうです

左右太ももの全面補強を行っております。

真っ白に色落ちしていて、もう限界まで来ておりました、、、汗

ヒザ穴もガッポリと空いておりました。

ビフォー画像がなくて、スミマセン、、、汗

縫い込み過ぎると、そこだけ硬くなので

周辺の状況に馴染むようにしております。

強度も十分にあります。

後ろ身頃です。

お尻が弱っていたので、補強を行っております。

こうみえて、しっかりと補強リペアを行っております。

※後ポケットを外してリペア後に付け直しも行っております。

(ポケットとお尻のキワをリペアする為)

裏からもどうぞ!

こんな感じでお尻は補強しております。

左右太ももの全面補強はこんな感じです。

何度も書いておりますが、、、

ジーンズのリペアで重要なのは

破れていない 生地が弱っている 部分の補強です!

ダメージ穴だけを直しても

すぐにその周辺から破れてきます。

どうか、ご理解の程宜しくお願い致します。

以上になります。

今回の工賃ですが

左右ヒザ穴の標準リペア、左右太ももの全面補強 12000円

左右お尻の全面補強 8000円

合計 20000円(別途送料)となります。

納品後、喜びの声を頂きました!

リペアに出している間、寂しかった と言われておりました。

本当にこのジーンズに愛着があるのですね。

直し続けると、ずっと穿けるのがジーンズです。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加