リーバイス501 66前期? 1970年代ビンテージ 内股の解体リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

夜は涼しくなってきましたね。

昼間はまだ暑いので、ハーフデニムパンツが活躍しますが、、、

来月辺りから、ジーンズの季節でしょうか?

今年は秋冬で作りたい物が色々あるので、頑張りたいと思います。

どこまで実現出来るか、何とも言えませんが、、、

では、今回紹介するのはこちらです。

いきなり解体からで、スミマセン、、、

こちらはリーバイス501 66前期? 1970年代のビンテージです。

古着ジーンズは内股のダメージが多いですね。

穿けば穿くほど、自然に擦れる部分なのでしょうがないと思います。

解体無しのそのままリペア(割安)でも直せますが、、、

依頼が多いのは 解体リペア(割高)です。

リペア強度自体は そのままリペアと解体リペアでは 大差ありません。

どちらもキッチリ直せます。

しかし、違いが出るのは、、、

仕上がり具合です!

こんな感じなりました。

どうぞ!

解体リペアの場合は

インシーム(内股)の段差が潰れません。

ここを そのままリペア で縫ってしまうと、、、

この段差が潰れてしまいます。

見た目にこだわりがない場合は、そのままリペアで良いと思います。

この角度からもどうぞ!

縫い代部分の立体感を保っております。

今回の工賃は 6000円(別途送料)でした。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加