501ZXX ギャラ入りビンテージ バックヨーク 過去リペアを外してから 解体リペア!

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今年はお盆休みなしで、頑張っておりました!

リペア&リメイク作業が落ち着いたら、新しい物作り を行う為です。

引き続きよろしくお願いいたします。

今回紹介するのは、こちらです。

バックヨーク部分です。

他店さまにて、リペア済みです。

リペアされていますが、、、

そのままリペアとなっています。

これを解体リペアにて、綺麗に直して欲しいというご依頼です。

再リペア(修正)依頼ですね。

この依頼の場合は

見積の案内が難しいのです、、、汗

過去リペアを外さないと、正確なダメージ状況がわかりません。

過去リペアを外す工賃も出すのが難しいです。

※過去リペアも様々な方法なので、外す時間(手間賃)がバラバラです。

まずは仮見積書の案内をしますが、本当に仮見積もりです。

リペアを外した段階で、正式見積もりとなります。

※仮見積もりから 大幅に工賃が上がる 可能性があります。

今回の依頼品ですが、、、

501ZXX ギャラ入りビンテージでした!

1950年代の物だと思います。

過去リペアを外しました。

今回の過去リペアの外し代(手間賃)が3000円です。

過去リペアを外して、今回のダメージ原因がわかりました。

縫製不良です(当時はいい加減ですよね、、、涙)

使い込みによるダメージではないと判断しました!

元々、バックヨークの縫い込みが浅くて

自然に外れて、広がった! と判断しました。

よって、今回のリペアでは

生地の欠損部分+本来必要な縫い代の再生 が必要になります。

あとは、後ろ中心のダメージもついでに直す必要があります。

(後ろ中心は巻き縫いが交差する、難しい部分です)

想像していたよりも、面倒なリペアとなりました、、、汗

それでは、出来上がりがこちらになります。

このような仕上がりになりました!

生地の欠損部分は古着デニムを移植しています。

再構築が難しい、後ろ中心もキッチリ直しています。

裏からもどうぞ!

ダメージ部分の周辺補強済みです。

オリジナルのチェーンステッチ仕上げを再現しております。

もちろん、ビンテージの綿糸縫製です。

ちょっとしたダメージに見えますが、、、

非常に難易度の高い部分だと思います。

めっちゃ時間を掛けております、、、滝汗

以上です。

今回の工賃は

過去リペア外し 3000円

バックヨーク、バックセンターの解体リペア 7000円

合計10000円(別途送料)となります。

解体リペアは基本的に割高になります。

それでも綺麗に直したい!

という方は宜しくお願い致します。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加