Lee101Z サイド黒タグ ビンテージ(1950年代)ジッパー交換、テーパード加工、裾上げアタリ出し加工

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

※画像は全て出来上がりのアフター画像となります。

とても自然な仕上がりなので、解説しないと 伝わらない かと思います。

こちらのジーンズは Lee101Z ビンテージ(1950年代)

サイド黒タグ(タグが外れていますが、、、涙)です。

インシーム詰めの テーパード加工&裾上げアタリ出し加工 を行いました。

1950年代頃のビンテージジーンズは

ドカン(土管)ストレートで全体が太いです。

それがスッキリしたと思います。

(1枚目の画像をご覧ください)

スソ幅は19センチ仕上げとなりましたが

先端はアタリ出し加工によって18.5センチ程に縮んでおります。

スソの縮み=パッカリング(うねり)が発生という仕組みです。

※元のスソ幅は 22センチ位 だったと記憶しております。

裏側もアタリ出し加工を行います。

※基本的に表裏、両面を加工します。

Leeに多く採用されている、左綾デニム の場合は

このように斜めのウネリ感を出す為に

あるテクニックが必要とされます。

これは当店独自の技術だと思います。

インシーム詰めですが、LeeのこのモデルはWステッチ仕様になっています。

紺糸が生地同色で見えにくいのですが、、、Wステッチです。

※Wステッチ仕様のテーパード加工は通常よりも割高です。

あとは、ジッパー交換も行いました!

元のジッパーがYKKです。

入荷時に他店さまでYKKに交換されていました。

どうしても、ビンテージのジッパーに交換したいとの事でした。

グリッパージッパーに交換しております。

当店ではこのようなビンテージジッパーは在庫しておりません。

ビンテージジッパーのクオリティー面に不安があるから

取り扱いしておりません。

どうしても、ビンテージジッパーに交換されたい場合は

お客様購入の 持ち込みパーツ を使うようにしております。

交換後に 持ち込みパーツ不良 が起きても、自己責任でお願い致します。

ビンテージジッパーはネットで売っているので、個人で買えるみたいです。

持ち込みジッパーは 出来るだけ長い 物を用意してくださいませ、、、

長いとカットして、調整出来ますが

短いと合わないので、交換出来ません、、、涙

以上でございます。

今回の工賃は

ジッパー交換 6000円

テーパード加工 8000円(インシームWステッチ仕様)

裾上げアタリ出し加工 5000円

合計 19000円(別途送料)となります。

納品後、お喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心です。

当店の人気メニューの合わせ技でした。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加