サムライジーンズ 21オンス 左右前ポケット入口の解体リペア スレキ(袋布)の新品交換 内股の解体リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

オリジナルジーンズS76(受注生産品)

リジッド分の販売が完了しました!

キャンセル無しだったので、嬉しかったです。

引き続き、 ワンウォッシュ(天日乾燥)&テーパード加工の販売を行っています。

天気が悪く、洗濯に時間が掛かっております、、、涙

お待ちのお客様、申し訳ございません。

もうしばらくお待ちください。

今回紹介するのはこちらです。

今回は解体リペアの紹介となります。

(ビフォー画像の紹介は省略させて頂きます)

右前ポケットの解体リペア

スレキ(袋布)は新品交換します。

左前ポケットの解体リペア(こちらはダメージ大です)

スレキ(袋布)は新品交換をします。

股部分もダメージがありました。

解体リペアをします。

内股はエッジ部分が破れる傾向にあります。

そのままリペアだと、エッジが潰れるので

仕上がり重視でしたら、解体リペアをお勧めします。

今回のジーンズは、、、侍?

サムライジーンズです!

ヘビーオンスで有名な、あのブランド、、、

21オンス!

もう、解体するだけでも大変でしたよ、、、滝汗

21オンスのジーンズは穿いた事がありませんが

鎧のようなイメージです。

そんな頑丈なジーンズでも

こんなにダメージが出るなんて、、、凄いですよね!

ここまで育てるのに何年掛かったのでしょう?

この鎧ジーンズを再構築するのもかなり苦労すると思います、、、汗

ぶっちゃけ、、、

21オンスデニムを解体リペア出来る リペア業者は限られるのでは?

極厚デニムを縫える設備が必要です。

そんなこんなで、苦戦しながら、、、

完成したのがこちらになります!

何とか 違和感なく、、、出来たと思います!

両サイドシーム部分も弱っていたので、補強リペアをしています。

(脇押さえのサイドステッチ部分)

リベット表再利用取り付けを行いました。

リーバイスタイプのリベットであれば、再利用取り付けは可能です。

生地が欠損していた部分には

色落ちが近い古着デニムを移植しています。

※ケースバイケースですが、、、

ダメージが大きい時は、古着デニムを移植する事が多いです。

新品交換したポケットスレキ(袋布)です。

オリジナルスレキが厚手だったので

当店の在庫する物で一番厚手のタイプを選びました。

前ポケットもかなり酷使されているみたいですし、、、

リベット裏は既製品に交換をしております。

内タグも元の位置に戻しました!

内股の解体リペア後です。

お尻部分も補強リペアをしています。

この角度からどうぞ!

エッジ部分は立体感を保っています。

この仕上がりが 解体リペアの特徴かと思います。

※そのまま叩くと、潰れてしまいます。

お尻の部分も弱っていたので、このように補強リペアをしています。

いやー

本当に大変でした、、、滝汗

生地の重なる段差は超極厚なので、、、ゆっくり手回しです。

無理やり縫うと、、、針が折れますよ。

(ミシンにダメージを与えます、、、涙)

そんな 手強い相手でした!

申し訳ないのですが、、、

このレベルになると、通常価格では無理です、、、汗

ヘビーオンスは特別価格となります。

手間暇と時間がどうしても掛かります。

今回の工賃は

左右前ポケット入口の解体リペア

ポケットスレキの新品交換

リベット表再利用取り付け

25000円

内股の解体リペア、お尻の部分の補強リペア

10000円

合計 35000円(別途送料)でした。

納品後、喜びのメールを頂きました!

(ほっと一安心です)

まだまだ、これからも穿き続けるそうです。

ジーンズへの愛情が凄いですね!

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加