リーバイス501 ビッグE 前ポケット周辺(ポケットスレキ交換)、股、スソ 解体リペア 全ステッチ補強(影武者ステッチ補強)

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

最近のSNSでは、

新作オリジナルジーンズS76 の制作風景をUPしていますが

リペア&リメイクも同時進行で行っておりますので、宜しくお願い致します。

そんな前置きから、、、

今回紹介するのはこちらです。

いきなり解体後からの紹介となります。

今回も非常に画像が多いので、、、汗

ビフォーは省略させて頂きます。

オーバーホールまで行きませんが、、、

このレベルの 解体リペア依頼 が最近多いです。

今後の事を考えて、ずっと長く穿き続けるには

工賃は高めになりますが、解体リペアをお勧め致します。

仕上がりが綺麗に出来るのは、もちろんですが、、、

こちらのジーンズは リーバイス501 ビッグE ビンテージです。

トップボタン横がVステッチなので、、、ビッグEの前期型です。

1960年代後半の物ですね!

前ポケットスレキ(袋布)の新品交換をします。

その際に、リベット表再利用取り付けを行います。

ビンテージジーンズの場合は とても重要なディテールだと思います。

内股部分も解体リペアをします。

スソのダメージは基本的に解体リペアとなります。

アタリ感が出ているので、それを残すように直すのが難しい部分ですね。

それでは出来上がりがこちらになります!

左右前ポケット入口の解体リペアを行いました。

ポケット周辺(脇の部分)までしっかり補強しています。

ビンテージジーンズはここまで弱っているので、しっかり直すべきだと思います。

リベット表再利用取り付けも行っています。

内股部分も解体リペアです。

段差の部分も立体感があって、綺麗に直っていますね。

※そのままリペアだと段差は潰れてしまいます。

左右のスソ部分(フロント部分)です。

解体リペア、チェーンステッチ仕上げとなっています。

元のアタリ感がずれないように、気を付けています。

左右のスソ部分(カカト部分)です。

解体リペア、チェーンステッチ仕上げとなっています。

カカトの生地が欠損していた部分は

古着デニムをはめ込みしています。

リペアの雰囲気が馴染むようにしています。

ビンテージジーンズはステッチが弱っている物が多いです。

しかし、ビンテージの経年劣化した糸の雰囲気は残したいですよね。

そうなると、影武者補強ステッチ が有効です。

細くて、目立たなくて、強い糸 を上から重ね縫いしております。

バックヨークとバックセンターの交差する部分も

しっかりと 影武者ステッチ補強 しています。

縫いが重なる部分はステッチの目飛びも出やすい部分なんです。

やはり補強しておくと、安心して穿く事が出来ると思いますよ!

新品交換した ポケットスレキ(袋布)です。

これでポケットもガンガン使えるようになりました!

リベット裏のアルミは新品交換しています。

ここもビンテージを再利用取り付けしたいので、研究中です。

※リベット裏も 銅製、鉄製の銅メッキは再利用取り付けに成功しています。

腰帯の裏側ステッチもボロボロでしたね、、、汗

ここも影武者ステッチ補強をしています。

チェーンステッチは盛り上がりがあるので、擦れに弱いという弱点があります。

なので、このように劣化してしまいます。

ビンテージの雰囲気を残したまま、補強をしています。

以上になります。

工賃の案内をします。

・左右前ポケット入口、脇と周辺の解体リペア

左右前ポケットスレキ(袋布)の新品交換、リベット表再利用取り付け 20000円

・内股の解体リペア 6000円

・左右スソの解体リペア、チェーンステッチ仕上げ 8000円

・全ステッチ補強(影武者ステッチ補強)6000円

合計 40000円(別途送料)となります。

納品後、喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心です。

解体リペアはとても高額なのですが、、、

それだけ時間と手間暇を掛けております。

ビンテージジーンズは解体する時も、慎重に作業をするので

本当に時間が掛かっております、、、汗

どうか、ご理解の程宜しくお願い致します。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加