リーバイス502SXXEE (501XXの超ビッグサイズ)W54 L45 オーバーホールリサイズ(完全解体リサイズ)W34 L36に変更 アフター

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

それでは前回の続きになります。

リーバイス 502SXXEE ビンテージジーンズ(1950年代) デッドストック品

W54 L45 インチを完全解体して

W34 L36 インチに作り直しました。

縫製仕様はオリジナルのビンテージを再現しております。

オリジナル品は裏ブログで掲載しているので、比較するのも可能です。

こちらをクリック

使っているミシンもビンテージの

ユニオンスペシャル、シンガーを多用しています。

出来る限り、当時の物作りを再現しておりますので、ご覧ください。

どうぞ!

(画像が非常に多いので、コメントは最後にまとめます)

以上になります!

リベットと隠しリベットの両面再利用に成功しています!

ボタンは外していないので(パーツをそのまま再利用)もちろん両面再利用です。

という訳で、、、

ビンテージ素材を全て そのまま生かした、オーバーホールリサイズとなりました!

いやー

今までやってきた、オーバーホールリサイズでも一番の完成度です。

我ながら、感動しました!

ビンテージリベットの両面再利用が成功したのも、本当に嬉しかったです。

今後のリペアでも この技術は生かせると思っています。

最後に工賃の案内をします。

オーバーホールリサイズ(完全解体リサイズ)50000円

S76のパターン(型紙)使用代 無料サービス

リベットの両面再利用 3000円×10個=30000円

(表側のみの再利用、、、裏側は新品交換だと無料サービスです)

合計80000円 となります。

※リベットの両面再利用の工賃が高い理由も説明しておきます。

リベットを打ち込むと、裏側から貫通した先端の突起が潰れています。

突起が潰れた状態のまま、再利用すると強度的に問題があります。

よって、潰れた突起を元の状態に復元するという

特殊な金属加工を行っています。

この加工が非常に手間で、時間が掛かる作業なのです、、、汗

ちなみに、裏がアルミ製で上から被せるタイプのリベットですが、、、

(501XXギャラ無し以降のビンテージに採用されているタイプ)

裏のアルミの再利用はまだ成功していません、、、涙

只今、アルミの再利用に向けて 色々と研究中です。

当店のあらゆる技術を使っております、、、超スペシャルメニューです。

納期はお任せでお願い致します。

(心の準備が出来た時に、作業したいです)

お客様は納品時にも来店されました。

かなり喜ばれていましたよ!

試着確認もされて、バッチリです との事でした。

すぐに洗って穿くのは勿体ないので、まずは飾って楽しみます との事でした。

お客様から、このジーンズはハンズオン作品だと思うので

当店のブランドタグを付けて欲しいとお願いされました。

なので、その場で腰裏に当店のブランドタグを付けさせて頂きました(感謝)

何度も繰り返しますが、来店者さま限定のサービスです。

ご理解の程宜しくお願い致します。

では!

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加