リーバイス502SXXEE (501XXの超ビッグサイズ)W54 L45 オーバーホールリサイズ(完全解体リサイズ)W34 L36に変更 ビフォー&解体

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのは 当店の超スペシャルメニューになります。

こちらは 来店者さま限定 のサービスです。

お客様からこんな添付画像のメールが届きました、、、

「超ビッグサイズのビンテージジーンズ(デッドストック)を購入しました!

ハンズオンでオーバーホールリサイズをお願いしたいです。

もちろん、来店しますので宜しくお願い致します」

こんな内容でした。

※こちらの画像はその時のメールに添付されていた画像です。

ブログの掲載OKとの事だったので、使わせて頂きました。

ありがとうございます!

こちらのジーンズは先日、裏ブログでも紹介しました。

リーバイス501XX の超ビッグサイズ 革パッチビンテージ 1950年代の物ですね。

詳細は裏ブログにてご覧ください。

こちらをクリック

オーバーホールリサイズをするには、、、

パターン(型紙)が必要になります。

別注でパターンを起こすと、それだけで50000円の工賃となります、、、汗

パターンを起こす為の参考ジーンズも提供して頂く必要があります。

※パターン専門会社に依頼して、本格的なパターン(型紙)を起こします。

今回の依頼主さまは、、、

当店のオリジナルジーンズ S76 の型を使って欲しいとの事でした。

(XXのシルエットよりも、66のシルエットが好みだという事です)

そうなると、、、パターン(型紙)制作代が 無料サービスです!

S76は 501の66後期モデル から抜き出したパターン(型紙)です。

S76は過去ブログにて紹介しております。

こちらをクリック

という訳で、、、

ご来店して頂きまして、

当店のS76の試着見本(各サイズあります)を穿きながら

作り替えるサイズを決めていきました。

ここで重要なのは、生地の縮率です。

XXビンテージのデッドストック品はどのくらいの縮率かわかりません、、、汗

なので、縮んでも穿けるように ジャストサイズは狙いません。

洗って縮んだ状態で 1~2インチアップ を狙います。

この確認作業がとても重要です。

なので、どんなに遠方の方だったとしても、、、

ご来店をお願いしております。

お客様の体型、好みのシルエット、などなどをヒアリングしないと

この超スペシャルメニューは行いません。

どうか、ご理解の程宜しくお願い致します。

という訳で、じっくり接客をしまして

制作するサイズは S76型 リジッド仕上げ W34 L36 インチに決まりました。

それではジーンズを解体します!

デッドストック品でしたが、、、

革パッチが経年劣化していました、、、汗

再利用するのが厳しい状態です。

お客様がこれは再利用せずに、記念に保管すると言われました!

付けてしまうと ファーストウォッシュで ボロボロになるのが

目に見えていますから、、、汗

いつもの流れだと

リベットを外した画像もお見せするのですが、、、

ちょっとお見せ出来ません!

実は、、、

リベットの両面再利用を行っております。

隠しリベットも両面再利用です。

裏ブログにて書いておりますが、、、

この年代のリベットは鉄製の銅メッキリベットです。

今までは、表側の再利用しか出来ませんでしたが

今回、裏側の再利用にも成功しました!

かなり特殊な技術を要しています。

なので、外した画像の掲載は非公開とさせて頂きます。

申し訳ございません、、、

それでは、完成後のアフターは次回のブログで紹介をしますね。

では!

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加