裾上げアタリ出し加工 レプリカ、ビンテージ、加工物 まとめて7本紹介します。

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回は、当店の人気メニューになりつつある

裾上げアタリ出し加工の紹介をまとめてします。

生地の色目によって、その加工感も色々と変わってきますので

参考になればと思っています。

当店の裾上げアタリ出し加工では

ユニオンスペシャルのチェーンステッチミシンを使います。

名機と言われる 43200G です。

(これで縫うと、独特な斜めのウネリが出ます)

スソの幅は 約10ミリ折り 8ミリ幅ステッチ となっております。

この設定を変える事はしません。

この幅が最もスソのアタリ感を綺麗に出せるからです。

(ビンテージジーンズで一番人気の幅です)

ご理解の程宜しくお願い致します。

ブラックデニム、ストレッチ入りデニムは

裾上げアタリ出し加工が出来ませんので

申し訳ございません。

それでは紹介していきます。

(全て出来上がりのアフター画像です)

① 旧DENIME(TOKYOモデル)

かなり穿き込まれていますが、ちょっとだけスソ上げ したくなったとの事です。

長年育ててきた、スソのアタリ感を無くしたくないですよね、、、

こんな感じに仕上がっております。

ベースの色が濃い目だったので、作業はやり易かったです。

② リーバイス501 赤耳 ビンテージです。

(スモールe ポケット裏チェーンステッチ)

こちらは古着で購入された物です。

赤耳はこのような色目の物が多いですね。

(ジーンズをガンガン洗うのが流行していた時期だから?)

やはり スソ上げをすると、スソだけがノッペリするのが嫌だ という事です。

今回の色目もまだ色残りがあったので、難しいながらも何とか出来ました。

ちなみに、こちらはテーパード加工を併用しております。

スソ幅を18センチ仕上げにしてから

裾上げアタリ出し加工を行いました。

そうすると、スソの先端が更に縮んでおります。

スソのアタリを出す為には、縫い縮み(パッカリング)を出さないといけません。

先端の縫い縮みによって、スソ幅が若干細くなります。

ご理解の程宜しくお願い致します。

次は

③ リーバイスのリメイク加工ジーンズです。

全体的に色が淡くなっております。

同様に、スソ上げをするとスソの加工部分が無くなるので

アタリ出し加工をご依頼されました。

このような仕上がりになっています。

加工ジーンズでもこれくらいの色残りでしたら

難しいながらも、何とかアタリ感は出せると思います。

次は

④ リーバイスのリメイク加工ジーンズです。

全体的に色が淡くなっております。

同様に、スソ上げをするとスソの加工部分が無くなるので

アタリ出し加工をご依頼されました。

このような仕上がりになっています。

加工ジーンズでもこれくらいの色残りでしたら

難しいながらも、何とかアタリ感は出せると思います。

次は

⑤ リーバイスの加工ジーンズです。

かなり激しい色落ち加工となっております、、、汗

これは難易度が高い部類になります。

同様に、スソ上げをするとスソの加工部分が無くなるので

アタリ出し加工をご依頼されました。

このような仕上がりになっております。

色の濃淡を出し過ぎると、不自然になります。

バックヨーク部分のオリジナルのアタリ感を参考にしてください。

違和感のないように、微妙な調整が必要となります、、、汗

全体のバランスを見て、このような仕上がりにしております。

次は

⑥ リーバイスの加工ジーンズです。

こちらも激しい洗い加工で色がかなり淡い感じですね、、、汗

同様に、スソ上げをするとスソの加工部分が無くなるので

アタリ出し加工をご依頼されました。

このような仕上がりになっております。

ユーズド加工もレベルが高いので、全体的にムラ感のある特殊な加工です。

スソ上げをすると、ベースの色が単一ではなくてムラ感があります、、、汗

この状態からのアタリ出し加工となっています。

なので、どうしてもアタリ感にもムラ感が生じてしまいます。

ご理解の程宜しくお願い致します。

これが最後です。

⑦ リーバイスの加工ジーンズです。

こちらも激しい洗い加工で色がかなり淡い感じですね、、、汗

同様に、スソ上げをするとスソの加工部分が無くなるので

アタリ出し加工をご依頼されました。

このような仕上がりになっております。

ユーズド加工もレベルが高いので、全体的にムラ感のある特殊な加工です。

スソ上げをすると、ベースの色が単一ではなくてムラ感があります、、、汗

この状態からのアタリ出し加工となっています。

なので、どうしてもアタリ感にもムラ感が生じてしまいます。

ご理解の程宜しくお願い致します。

以上でございます。

色々なパターンを紹介させて頂きました。

③④と⑥⑦は同品番のジーンズです。

全て手作業で感覚的に加工しているので、若干のバラつきは出ます。

ご理解の程宜しくお願い致します。

こちらの工賃ですが

1本5000円(別途送料)となります。

裾上げアタリ出し加工のみ のご依頼であれば

納期は入荷から1ヶ月位で対応しております。

・長年穿き込んで、色落ちしたジーンズを再びスソ上げしたい。

・古着で購入して、色落ちしたジーンズをスソ上げしたい。

・ユーズド加工されて、色落ちしたジーンズをスソ上げしたい。

このような場合に有効な 裾上げアタリ出し加工です。

宜しくお願い致します。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加