エヴィスジーンズ 過去リメイク加工モデル 追加でテーパード加工、裾上げアタリ出し加工

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

今回紹介するのはこちらです。

完成後アフター画像の紹介となります。

リメイク加工部分は当店で以前に行ったジーンズです。

2回目となる今回のご依頼は、、、

テーパード加工+裾上げアタリ出し加工でした。

当店の人気No1メニューのご依頼となりました。

こちらはエヴィスジーンズです。

昔のエヴィスジーンズはシルエットが太いタイプが多かったですね。

エヴィスジーンズに限らず、ビンテージブーム期(1990年代後半)の

レプリカ系ジーンズは殆ど太かったです。

それを今でも穿き続けている人がいます。

昔を懐かしんで、穿かれているのかもしれません。

でも、今風に 細目でシュッと穿きたい からシルエットだけは変えたい。

年を取ると、若い時のようにダボっとした穿き方はちょっとね、、、汗

という声を聞きます。

そうゆう時に有効なテーパード加工+裾上げアタリ出し加工となります。

この頃のエヴィスジーンズをご存知の方は

かなりシルエットが細くなったのがお分かりかと思います。

実は、、、今回のテーパード加工は

股上までを詰める 全体テーパード加工でした。

テーパード加工というよりもスリム加工に近いニュアンスです。

スソ幅は19.5センチ仕上げだったのが

アタリ出し加工によって先端が19.0センチになっています。

※アタリ出し加工ではスソのパッカリング(縫い縮み)を出す必要があります。

なので、先端のみ若干幅が狭くなります。

ご注意ください。

もちろん、裏側もアタリ出し加工を行っております。

このような淡色(たんしょく)のデニムはアタリ出し加工が難しいです。

濃淡メリハリのバランス感と言いましょうか、、、

自然な感じに仕上げないといけません。

元スソとの比較も出来ます。

元スソよりも、斜めのウネリがハッキリ出ていると思います。

これは ユニオンスペシャル43200G という専用ミシンのおかげです。

ほんの 少しスソ上げ を行われているのも理由があると思います。

シルエットがワイドな時はレングスは長めがバランスが取れます。

しかし、シルエットが細身になるとレングスは 少し短め が良いかと思います。

細身の場合は足元のクッションシワを無くして、

スッキリ見せる方がより シルエットが綺麗 にみえますので、、、

以上でございます。

今回の工賃は

全体テーパード加工 8000円

※通常テーパード加工より+2000円です。

裾上げアタリ出し加工 5000円

合計13000円(別途送料)となります。

納品後、喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心です。

同じような悩みをお持ちのお客様、

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加