2019年で一番激しかったリペア紹介 501XX ビンテージギャラ入り オーバーホールリペア アフター

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

それでは前回ブログの続きとなります。

オーバーホールリペア&裾上げアタリ出し加工の完成後

アフター画像の紹介をします。

画像がかなり多いので、宜しくお願い致します。

全体像です。

裾上げアタリ出し加工後です。

(裏側もやっています)

アイスブルーレベルに色が抜けているデニムのアタリ出し加工は

濃淡のバランスが非常に難しいです。

生地がガーゼ状に弱かったので、補強リペアも行っています。

(ビフォー画像を見るとスソがボロボロだったのがわかります)

出来る限りの努力は行いました、、、汗

これでも何度か修正してやり直しを行っています。

では、リペア部分のアップ画像をご覧ください。

左右太もも全面です。

ダメージ跡がわかるようにリペアしました。

当て布の厚みと縫い込みの量でバランスを保っています。

縫い込みが少ないように感じるかもしれませんが

穴の部分の当て布を厚手にしていますので、強度面も大丈夫です。

左右前ポケット入口は古着デニムを移植した解体リペアです。

リベット表は再利用取り付けを行っています。

ベルトループも全て解体リペアを行っています。

前股と内股も解体リペアを行っています。

(オーバーホールリペアなので、全て解体リペアです)

一番ダメージが激しかったバックヨーク付近のダメージ部分です。

古着デニムを移植しての解体リペアです。

この部分が最も難易度の高い解体リペアとなります。

(隠しリベットは外していません)

左右後ろポケットも全面補強済みです。

オーバーホールリペアで重要なのは、、、

裏側からの全面補強です。

破れたダメージ部分を直すのは当たり前です。

それだけでは、ここまで生地が弱々しいデニムを穿き込む事は出来ません。

普段着として、ガンガン着て、ガンガン洗える全体強度を保つことが重要です。

以上を踏まえて、ご覧ください。

グレー色の薄い生地で全面補強を行っています。

破れ穴は別生地で二重補強となります。

ポケットスレキ(袋布)は新品交換をしています。

リベット裏側は既製品に交換となります。

前ポケット入口~太もも~股 全て補強をしています。

とてつもない縫い込みをしているのがわかると思います。

とてつもない時間も掛かっています、、、汗

オーバーホールリペアなので、縫い代部分の弱い部分も全て解体リペアしています。

通常リペアではアウトシーム側は開きませんが

シーム自体が弱っているので、このように解体リペアが必要となります。

インシームも全て縫い直しをしています。

ビンテージ用ミシン(ビンテージ縫い)で縫っています。

スソの裏側画像がありました。

このように裏側もアタリ出し加工を行っています。

お尻側を見ていきましょう。

ほぼ全面補強となっています。

501XXの大切なディティール 隠しリベットは外しません。

ギリギリまで縫い込みを行っています。

ジーンズ縫製の最難関

お尻中心の縫い合わせもキッチリ行っています。

501XXオリジナルの縫い方を出来限り再現しています。

縫製糸はもちろんビンテージ用の綿糸です。

※ハンズオンタグはオーバーホールリペアの記念に付けさせて頂きました。

今回はサイドから撮影してみました。

ジーンズを着用した時に重要なサイドビューです。

オーバーホールリペアでもジーンズの型崩れは起こしていません。

着用を前提に直しています。

フロント部分のダメージに目が行きがちなのですが

着用物として強度が必要なのが、両サイドシームです。

全て解体リペアなので、キッチリ直っています。

内股中心です。

ここまでチェックする人はいませんが、、、

キッチリ直しています。

以上になります。

駆け足で書かせて頂きました、、、汗

こちらの工賃ですが、全部まとめて

100000円(別途送料)となります。

ジーンズの修理で10万円!?

と驚かれると思いますが、、、

実際の作業時間、手間はそれ以上です、、、大汗

出来るだけ驚かれないように

このようにブログで詳細を書かせて頂いております。

※納品後、喜びのご連絡と 色々な感謝の贈り物を頂きました。

ありがとうございました。

本当にほっと一安心しました。

2019年 最大のダメージリペアの紹介でした!

今年もここまでの激しいダメージの依頼があるのでしょうか?

期待と不安を胸に、、、

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加