リーバイス805 ビッグE ビンテージ テーパード加工、裾上げアタリ出し加工

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

12月に入ってから、リペア&リメイク依頼が落ち着いています。

秋頃の依頼ラッシュが嘘のような静けさですね。

この状況が続くと、新作商品が作れそうな予感がしております。

お楽しみにお待ちください。

それでは今回紹介するのはこちらです。

リーバイス805 ビッグE ビンテージです。

805はレアなジーンズだと思います。

シルエットも独特な感じです。

股上浅めでありながら、ほぼ真っすぐな パイプドストレートです。

これを今回テーパード加工しました。

完成後のアフター画像しかありませんが、宜しくお願い致します。

ヒザ下を細くした、テーパードストレートにしました。

イメージ的には 505 のようなシルエットだと思います。

この画像だと、テーパードストレートになっているのがわかると思います。

スソ幅は18.5センチになっています。

実は、、、裾上げアタリ出し加工を行っています。

テーパード加工後は19.0センチを狙いました。

その後、裾上げアタリ出し加工を行う事によって

先端が縮みまして18.5センチという結果になりました。

※テーパード加工を依頼の際は

このようにスソ幅の指定をお願いしております。

もしくは、シルエット見本のジーンズを同封して頂いております。

インシーム詰めなので、アウトシームの耳は無くなりません。

ちょっと画像が暗いので、アタリ出し加工の雰囲気がわかりにくいですね、、、汗

照明が最も強く当たる、作業台で撮影してみました。

同じデニムに見えませんね、、、汗

実物よりも明るく見えます。

カットした元スソとの比較をしています。

まだ色落ちが少なめ だったので、スソのアタリ感(メリハリ)も弱めでした。

そのイメージを大切にして、スソの加工を行ってみました。

元スソは極太幅でスソ上げされていました、、、汗

これはビンテージ好きにとって、カッコ悪い仕上がりです。

当店の推奨する1センチの3つ折り、8ミリ幅ステッチで

ビシッと引き締めております。

ユニオンスペシャル43200Gという専用ミシンで縫っています。

裏側もこのようにアタリ出し加工を行っています。

ロールアップ時にスソのアタリ感が ちらっと見える のもポイントでしょう。

以上でございます。

只今、当店で一番人気のメニュー テーパード加工

それに裾上げアタリ出し加工の合わせ技でした。

今回の工賃は

テーパード加工 6000円

裾上げアタリ出し加工 5000円

合計11000円(別途送料)となります。

今回の合わせ技も人気のメニューとなっております。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加