想い出の詰まったジーンズをリメイクしてトートバッグを制作しました。

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

受注生産オリジナルジーンズ リニューアル後 沢山のオーダーありがとうございました。

生地在庫がなくなったので、購入しないと、、、汗

リペア&リメイク依頼も増えておりまして、、、非常にバタバタしております(感謝)

本格的にデニム着用のシーズンが到来しているようですね。

それでは、今回紹介するのはこちらです。

こちらのジーンズを使って あるリメイク作品を制作しました。

これは裁断後の残った部分になります。

ヒザ下の部分を使っております。

リベット表を再利用取り付けする為に、このように外しております。

細かいパーツも大切に使わせて頂きます!

こちらのジーンズはリーバイス501 赤耳 ビンテージです。

若い頃にガンガン穿き込んで破れてしまったジーンズとの事。

サイズが合わなくなり、穿かなくなったそうです。

凄く思い入れがあって、捨てるに捨てれない状態で

長年タンスに眠っていたそうです。

これを何かにリメイクして欲しいとのオーダーでした。

後ろ身頃もこのような感じで生地を使わせて頂きました。

左右の後ろポケットも外してから再利用しています。

ここで登場するのが、、、

ユニオンスペシャルのビンテージミシンです。

左足の太もも裏側(縦方向の生地)を使って

ベルトループを制作しました。

これを何かに使う事になりますよ!

それでは、出来上がったのがこちらになります。

トートバッグです。

左右ヒザ下の生地をつないで、形にしてみました。

ベルトループはカットせずに持ち手として使っています。

A4ファイルがすっぽり入る大きさになりました!

※リメイクなので、元のジーンズサイズによって変動します。

使い勝手が良い大きさになったと思います。

依頼品はアウトシームの耳(セルビッチ)のアタリが綺麗に出ていました。

よって、この部分もデザイン的に生かす事が出来ました。

この濃淡のアタリはデニム好きには たまらない部分 なんですよね!

左右の後ろポケットは弱っていたので

解体時に全面補強リペアを行っています。

これでポケットもガンガン使えますよ!

付け根が黒カン仕様だったので、再現してみました。

紙パッチは弱っていたので、裏から全面補強(特殊テープ)をしてから

縫い付けてみました。

風合いが出ていますね!

持ち手の補強でリベット表再利用取り付けを行っています。

(裏側のパーツは既製品に交換しています)

オリジナルパーツを再利用するとやはり雰囲気が出ます!

裏側もお見せしますね。

内側から赤耳(セルビッチ)を確認する事が出来ます。

デニム好きにとって嬉しい部分です。

内タグも綺麗に残っていたので、再利用してみました。

5 2 524 = 月 年 工場なので、、、

1982年5月 524工場製造のジーンズだというのが読み取れます。

こうゆう情報もあると、素材の歴史を感じる事が出来ると思いました。

以上です!

納品後、喜びのメールを頂きました。

そして、、、

仕事でこのように使っています!

との画像を頂きました。

このリメイクバッグで仕事するのが、とても楽しいとの事です。

こちらもお役に立てて、非常に嬉しいです!

最後に工賃の案内です。

リメイクバッグ制作(今回の仕様)10000円

左右の後ろポケットの全面補強リペア+5000円

合計15000円(別途送料)

こうゆう事もたまにやっています。

オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加