リーバイス501XXビンテージ 片面タブ(47モデル)内股の解体リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

最近のブログでは 特別なスペシャルメニューが多いので

今回は 定番メニュー の紹介をしたいと思います。

基本的には今回のようなリペアをメインにやっていますので、、、

(スペシャルメニューばかり、やっている訳ではありません)

それではビフォーからいきます!

内股が擦り切れています。

恐らく、パックリと開いてしまったので、、、

応急処置で手縫いされたのだろうと思います。

アメリカの古着だったら、目立つ糸でガッツリ叩きリペアなども見かけます。

そうゆうリペアのやり直しも良くやっていますね。

過去リペアステッチ外しが手間で大変なんですけどね、、、汗

※過去リペアステッチ外しは有料でやっています。

今回は解体して、綺麗に直して欲しいとのオーダーでした。

※この程度のリペアステッチ外しだと、無料サービスです。

依頼品はリーバイス501XX ビンテージの片面タブ(通称 47モデル)でした。

ビンテージジーンズの場合は高い確率で

股の部分は解体リペアを希望されます。

工賃が高くなっても、 綺麗に直したい という要望が多いです。

それでは出来上がりがこちらです!

内股の解体リペアが良い部分は、、、

内股の段差が綺麗に直せます。

そのままで叩きリペアをすると、この立体感が無くなります。

潰れて平らになってしまいます。

ちょっとしたダメージですが、、、

こだわる方は解体リペアですね。

今回の工賃は 6000円(別途送料)でした。

お尻周辺まで補強が必要なダメージの場合は

追加工賃が必要です。

今回は内股の擦り切れがピンポイントでした。

でも、解体して再構築する手間賃はどうしても掛かってきます。

ご理解の程宜しくお願い致します。

それでは、オーダーお待ちしております。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加