リーバイス501XX ギャラ無しビンテージ ビッグサイズ W44インチ?をW38インチに変更。 細かいリペアもあります。 

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

みなさま、お久しぶりです。

約2ヶ月ぶりの投稿になります、、、苦笑

SNSでは報告しておりましたが、、、

次女(5才)が突発的な病気(難病)にかかってしまいまして、、、涙

7月~8月半ばまで入院しておりました。

その間は家族全員で24時間体制の看病をしておりました。

やっと退院しまして、日常業務も落ち着き始めております、、、喜

やっとブログも書く余裕が出来たのかな?

SNSでちゃちゃっとアップするのが楽なのですが、、、

やはりブログでじっくりと書きたいなあ という気持ちが強いです。

ブログが内容の濃い投稿が出来ますからね。

(その分、書くのに時間と労力が必要です、、、汗笑)

という訳で、今回紹介するのはこちらです。

ビッグサイズのジーンズです!

カカトにダメージ穴があります。

ロールアップ時に出来たダメージ穴のような気がします。

こちらはリペアしたいと思います。

具体的にどれくらいのサイズでしょうか?

ウエストを平置きで真っ直ぐにします。

モノサシが、、、50センチです。

それが足りませんね、、、汗

実寸で平置き55センチ位です。

という事は外周が×2=約110センチ

インチに変えると、、、約44インチになります。

※フライボタンが5個もあります。

前立て部分が異常に長いのがお分かりでしょうか?

今回の依頼はこちらのジーンズを解体してからの

全体リサイズをします。

※ジーンズの全体リサイズは 来店者さま限定サービス となっております。

こちらのジーンズですが、、、

リーバイス501XX ギャラ無し ビンテージ になります。

(ボタンフライ、隠しリベット有り、リベット裏がアルミ)

ビンテージジーンズは最近、値上がり傾向にあるみたいです。

501XXの状態の良い物は手が届かない位のプレミアが付いています。

(1990年代のビンテージブーム期と同じ位の値段になっているみたいです)

そこで、依頼が多くなってきたのが、、、

比較的安く購入出来るビッグサイズのビンテージジーンズを

(それでも高額なのですが、、、汗)

自分の好みにリサイズして穿く という方法です。

今回希望のウエストサイズは、、、W38インチです。

約96センチになります。

約110センチ→約96センチへの変更なので、、、

約14センチのサイズダウンという事になります。

お客様からの要望として、、、

ボタンやリベットは出来る限りオリジナルのままにして欲しい と言われました。

完璧なリサイズを求められると、、、

前ポケット(ポケット袋布)、後ろポケットまで全て解体してのリサイズになります。

しかし、今回は出来る限りそれをしない方向でやってみます。

※前ポケットは解体してもリベット表の再利用は可能ですが

隠しリベットの再利用取り付けは不可能です(既製品に交換しています)

今回のリサイズのデメリットとしては、、、

リサイズ後に前ポケット部分、後ろポケット部分が 大きいまま という

アンバランスになるかもしれないという事です。

そのアンバランスになっても、

リベットと隠しリベットはオリジナルのままを保ちたい という要望でした。

※このリサイズが来店者さま限定サービスの理由は

リサイズに関する、希望を聞いた際に

そのメリットやデメリットを事前に全て説明しないといけません。

貴重で高額なビンテージジーンズを解体する作業です。

どうしても、直接細かい部分までの説明が必要となってきます。

依頼をする側(お客様)、依頼をされる側(私)の相互理解(共通認識)が無いと

このような案件は作業が出来ません、、、汗

お互いが十分に納得の行くまで、話し合いを続けます。

どうか、ご理解の程宜しくお願い致します。

リサイズの際に気をつけるのは

アウトシーム側(耳)を残すという事です。

ビンテージの重要なディテールはなるべく残したいです。

よって、フロントと内股と後ろ中心を解体して詰めます。

(前後の中心を全体的に詰めます)

フロントのフライボタンも5個だと距離が長いので、短くなります。

今回 W38インチへの変更となりますが

シルエット見本になるのは

ハンズオン オリジナルジーンズ(アンティーク3部作)の型を使う事にしました。

お客様が オリジナルジーンズ3rdモデル を穿かれているので、

そのシルエットにして欲しいとの事でした。

(股上深めのズドンと真っ直ぐなストレートラインです)

よって、今回はリサイズの為に型を起こさなくても良かったです。

※リサイズの為に型を起こすと、型代が非常に高くなるので、ご理解の程宜しくお願い致します。

スソ部分です。

オリジナルチェーンステッチのアタリ感が綺麗に出ています。

スソ上げ無しで、このアタリ感を残したままでのリサイズを希望されました。

難しい案件だと思いますが(501は足のシルエットが捻じれているので合わせるのが難しい)

出来る限り、頑張ってみようと思います。

それでは解体をします。

左右アウトシーム側は解体無しです。

後ろポケット部分もそのままです。

帯(ウエストベルト)

ヒヨク(ボタンホール部分)

持ち出し(ボタンフライ部分)

ベルトループ

解体しました。

ベルトループはダメージがあるので、リペアをしたいと思います。

ボタンもオリジナルをそのまま生かして取り付けようと思います。

さて、非常に前置きが長くなりましたが、、、

リサイズ後がこちらになります。

W38インチでフルレングスのキープに成功しました!

シルエットは ハンズオンオリジナル3rdモデル(3部作共通)と同じです。

フロント部分に元のステッチ跡が残っています。

(古着がベースなので、どうしても残ります)

どれくらいのサイズを詰めたのか、わかるかと思います。

フライボタンは4つに変更しております。

もちろん、ボタンと下地パーツは再利用しております。

トップボタンも再利用しております。

Vステッチはボタンを避けるようにギリギリを縫っています。

※新品を作る場合はボタン無しの状態で自由に縫う事が出来ますが、

リサイズになるとボタンが干渉するのでVステッチの位置も制限があります。

ボタン裏も もちろんオリジナルのままになっています。

そして、、、隠しリベットも外さずにオリジナルのままです。

ベルトループは弱っている部分のみ解体リペアを行いました。

左右の足です。

501の場合は生地が捻じれています。

(洗うと生地が大きく縮み、捻じれてしまいます)

その状態でアウトシーム側はそのままのリサイズを行います。

ある意味、強引な作業となります。

(捻じれの修正は出来ません、、、なるようにしかなりません)

スソのアタリを出来る限り残したままのチェーンステッチ仕上げです。

しかも、ビンテージデニムの場合はスソのアタリが曲がっています。

難易度も非常に高くなります、、、汗

左右前ポケット部分です。

解体していないので、リベットはオリジナルのままです。

今回は弱い部分を そのままリペア で仕上げました。

(ビフォー画像が無くて、スミマセン)

ボタンホールです。

ボタン側はオリジナルのままになっているので、ボタンホール側で帯を詰めます。

そして、ボタンホールを専用ミシンでやり直します。

後ろ身頃です。

後ろポケットが大きいままですね。

そして、詰めた部分のお尻中心部分の面積が狭くなっています。

自分なりにこれでもバランスを保ってやってみました。

それでもこうやって見ると、後ろポケットは中央に寄っていますね。

隠しリベットを外さない(ポケット位置を変えない)という条件付きでのリサイズです。

ご理解の程宜しくお願い致します。

お尻の中心部分はこのようになっています。

詰めた部分のアタリが無くなります。

穿き込みで、アタリ感は復活しそうな予感はしますが、、、

後ろポケットは触っていないので、元の状態のままです。

アタリ感もキッチリ残っています。

バックヨークのステッチ(綿糸)は弱っていたので、

補強ステッチ(影武者ステッチ)を入れました。

ダメージを予防する意味でのリペアです。

オリジナルの紙パッチが欠損していたのですが、、、

お客様の要望で ハンズオンオリジナルの紙パッチを取り付けました。

これは私としても嬉しかったです。

(こちらは特別サービスです)

最後に破れていたカカトダメージ部分のリペアです。

損傷が激しい部分には古着のデニムを使ってみました。

以上でございます。

久しぶりのブログだったので、ちょっと気合が入ってしまいましたね、、、苦笑

今回の工賃ですが、、、

オーバーホールリサイズ 30000円(型代は無料、、、ハンズオン所有の型を利用)

ベルトループ、前ポケット、カカトダメージのリペア

まとめて5000円

合計 35000円(別途送料)でした。

今回の依頼品は古着なので、生地が縮んだ状態でしたが

場合によっては デッドストック(未洗い)のジーンズをリサイズすることもあります。

そうなると、デッドストックの縮率まで考えてリサイズをしないといけません。

これはサイズが大幅に変わるというリスクが生じます。

※デッドストックのデニムは洗うと大幅に縮みます。

こうゆう案件でも、お客様とじっくりとお話をしてから、どのくらいのサイズに変えるか

というのを決めないといけません。

こちらは 来店者さま限定サービス となりますが、宜しくお願い致します。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。

https://hands-on-jeans.com/nagare.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加