5/12再投稿 ループストラップ、デニムコースターですが 限定販売にてバラ売りします。

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

インスタグラム投稿の際は ハッシュタグ ♯handsondenim をお願い致します。

BASEでの小物セット販売を終了致しました。

これからはバラ売りをしようと思います。

価格は1個1500円です。

・ループストラップ1955モデル

・ループストラップ1947モデル

・デニムコースター

全て同じ価格です。

販売には ある条件を付ける事にします。

これから 当店のサービスを利用される方限定 で小物を販売しようと思います。

発送依頼の場合は、依頼品に同封しますので送料無料です。

只今、依頼中のお客様で欲しい方がおられたら

ご連絡を宜しくお願い致します。

(工賃の請求金額が上がる事になります)

来店依頼の場合は、その場で販売します。

同じく、当店のサービスを利用される方への限定販売です。

※スソ上げのみの依頼でも適用となりますので

スソ上げでご来店の場合も、お気軽にお尋ねください。

では商品の説明となります。

ユニオンスペシャル社のベルトループ専用ミシンです。

この黒ボディーのビンテージミシンはとても希少価値があります。

年代ははっきりわかりませんが、戦前のミシンだと言われています。

MADE IN U.S.A

当時のアメリカでもこれが実働していたと思われます。

ベルトループ専用機なので、活躍する機会が少ないです、、、苦笑

私がガンガンジーンズを作れば良いのでしょうが

1人で全ての業務を行っているので、そうも行きません。

これはせっかくの貴重なビンテージミシンが勿体無い。

(使わないと単なる置物ですから)

これで何か物作りが出来ないか???

色々と考えて制作したのがこちらになります。

デニムストラップ!

自分なりにこだわって制作してみました。

程よい長さの約15センチにしております。

デニム生地はオリジナルジーンズS66に使った物です。

ミシンの調子が良い時に、作り置きしておきました。

(いつか こうゆう物作りをしたいと思っていたので)

ループ幅は約12ミリとなっております。

1955年以降 リーバイス501XX ギャラ入り以降に採用された幅です。

Wステッチはオレンジにしてみました。

(当時はオレンジが多かったと思いまして、、、)

カンヌキ補強はイエローに変えています。

赤タブはレーヨン製です。

リベットも1955年以降に多かった 鉄製の銅メッキリベットを採用してみました。

ユニオンスペシャル製 ループストラップ 1955モデル という感じです。

下糸はイエローにして、色のコンビネーションを楽しんでみました。

(単色使いだと面白くないので、、、)

もう1本制作してみました。

こちらになります。

長さは同じく 約15センチになります。

ループ幅は約15ミリの幅広タイプなっております。

こちらは1940年代 リーバイス501XX 1947モデルに採用されていた幅です。

Wステッチはイエローにしてみました。

(当時はイエローが多かったと思いまして、、、)

こちらは中央が若干盛り上がっています。

当時のベルトループも幅広タイプはこのようになっています。

レプリカジーンズで極端に盛り上がっているタイプもありますが

オリジナルはこれくらいの微妙な盛り上がりだと思います。

それを意識して制作しております。

※アタリが出るとその盛り上がり具合がわかってくると思います。

カンヌキ補強はオレンジに変えています。

赤タブはレーヨン製です。

リベットも戦後の1947モデルに多かった

銅製リベットを採用してみました。

ユニオンスペシャル製 ループストラップ 1947モデル という感じです。

下糸はオレンジにして、色のコンビネーションを楽しんでみました。

(単色使いだと面白くないので、、、)

1955モデルと真逆の色使いにしております。

私は普段、キーホルダーに付けております。

ストラップの役割よりも、、、

デニムアイテムを常に持っておきたい!

こうゆう気持ちが強いです。

いつも にぎにぎ して楽しんでおります、、、笑

デニム愛好家は欲しいアイテムでは?

と思っております。

さて、もう1点作りました!

デニムコースターです。

私は毎日コーヒーを飲みます。

コースターは必需品です。

サイズは約11センチ×11センチです。

(大きいマグカップでも安心のサイズ)

実は、、、

かなり前に適当に作った物がありまして

これを何年も使っておりました。

最初はこちらを再現しようかと思いました、、、

生地端のセルビッチを魅せる作りにしています。

銅リベットもくすんでいい感じになっています。

しかし、、、

生地の雰囲気がイマイチなんです。

何度も洗っているのに、何だか、、、ノッペリ(汗)

使い込む程に、味が出る(経年変化する)のがデニムの良い所です。

なぜだ、、、???

そうか!

パッカリングだ!

パッカリングを出すには、、、チェーンステッチ!

(チェーンステッチは洗うとギュッと縮む性質)

そうゆう訳で、今回の仕様にたどり着きました。

501XXだと腰帯の下に使う 極太の糸を使っています。

それをあえて表に見えるようにデザインしてみました。

チェーンステッチはオレンジとイエローの二色使い。

このボリューム感と色のコンビネーションがいい感じです。

デニム好きだったら、この意味がわかると思います。

リベットはレアなツープロング(二本爪)のUFOリベットを採用しました。

ジーンズでは後ろポケットの隠しリベットで使う事が多いです。

表は銅無垢素材なので、使い込むとツヤが無くなって経年変化をすると思います。

楽しみな部分です。

ツープロングの土台は鉄製です。

こちらも自然にサビが発生してくると思います。

もう、とことん こだわってみました。

こんな 変態デニムコースター 見た事ない!

というのを作りたかったです(笑)

製作の苦労話ですが、、、

コースターの厚みのある角にツープロングのリベットを打つのは非常に手間なのです。

しかも4つです、、、汗

こちらは私物です。

試作品を自分で使ってみました。

少しだけ変化が見られます。

※試作品のストラップはどちらも同じ色使いです。

上が1955モデル

下が1947モデル

最初はリジッドデニムだったので、お湯でもみ洗いをしています。

レーヨンタブが ふにゃっ となって、丸くなりそうです。

銅リベットは色がくすんできています。

鉄製の銅メッキリベットはまだ変化が少ないです。

(サビが出るのを狙っています)

コースターは普通に洗濯機で洗ってみました。

糸がギュッと締まって、ちょっとだけボコボコしています。

まだ、経年変化はしていませんが期待出来そうです。

※UFOリベットは最近替えたばかりなので、経年変化していません。

直前にリベットのデザインを変更しました。

コースターのチェーンステッチもついつい、触ってしまいますね、、、笑

このボリューム感を楽しんでください。

マグカップを置くと、こうゆうイメージです。

(マグカップはファイヤーキングの エクストラヘビー サイズです)

職場のデスクなどにいかがでしょうか?

コーヒーを飲みながら、、、

セルビッチデニム、チェーンステッチ、UFOリベット を眺めて

癒されて欲しいです(笑)

説明が非常に長くなって、申し訳ございません。

どうしても制作者の想いを伝えたかったので、、、苦笑

では、宜しくお願い致します。

・ご依頼の際は HP内の専用フォームからお願いします。

https://hands-on-jeans.com/contact.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加