3部作その2 全体テーパード加工の紹介 ビッグジョンの初期型レアジーンズ

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

テーパード加工の紹介 3部作 その2です。

今回紹介するのはこちらになります。

まずは加工前のビフォー画像から行きます。

ぱっと見で太いジーンズですね!

スソ幅が23.5センチ位あります。

この位のサイズになると、ストレートじゃなくて

ワイドストレートと呼ぶべきかもしれません。

このジーンズはジッパーフライです。

フライ下の小股(前股)部分もかなり距離があります。

股上が非常に深いシルエットだと思います。

今回の依頼ですが、、、

スソ~太もも~内股まで 全体を細くして欲しいとのオーダーです。

ここまで全体が太い場合に有効な加工だと思います。

ワイドストレートを普通のストレートに変更したいそうです。

(ややテーパード気味にしたい)

※普通のストレートを全体的に詰めると

スリムシルエットになります。

そうなると細すぎて、穿けなくなるかも?

このような事も考えられるので、ご注意ください。

(股が窮屈になり過ぎると足が動かしにくいです)

ちなみにこちらのジーンズですが、、、

ビッグジョンのレアジーンズです。

(数量限定発売の本当にレアなジーンズです)

これは最近のモデルではなくて

初期型だと伺っています。

なので、シルエットも当時人気だった太めのストレートなのかもしれません。

1990年代のビンテージブームの頃は

太いシルエットが大人気でした。

みんな腰で穿いていて、ルーズな感じでしたね。

当時のジーンズを現代風にシルエット変更したいというオーダーが多いです。

(青春時代のジーンズをタンスで眠らせている方も多いみたいです)

1990年代の国産レプリカジーンズも希少価値が出てきています。

国産のビンテージジーンズとなりつつあります。

(アメリカでは製造から30年経過したら、ビンテージと呼ぶそうです)

前置きが長くなりましたが、、、苦笑

それでは出来上がりがこちらになります。

ワイドからストレートに変わりました!

スソ幅は20センチ仕上げです。

(お客様にスソ幅の指定をお願いしております)

現代ではテーパードとは呼べないかな?

普通のストレートだと思います。

内股部分も詰めています。

折り返しまでの距離もこれくらいが標準だと思います。

※内股付け根のカンヌキは元にあわせてずらしています。

ビフォー画像でご確認ください。

分かりやすいように撮影してみました。

カット生地を見ると、、、

シルエットはスソに向かって弱テーパードになっています。

内股部分も自然な流れで詰めてみました。

元から余裕があったので、これくらい詰めても

問題ありません。

以上です。

こちらの工賃が 8000円(別途送料)

全体テーパード加工も2019年から少し値下げしました。

依頼が多いので、感謝価格になっております。

納品後、喜びのメールを頂きました!

ほっと一安心です。

モモからスソにかけてのバタつきが少なくなって

穿きやすくなったそうです。

オーダーお待ちしております。

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加