リーバイス501 66前期 ビンテージ 過去リペア外し 左右お尻補強リペア 内股全体テーパード加工 前股リペア スソ上げアタリ出し加工

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

先日、近所のジーンズショップに行ってきました。

最近のトレンドを知りたいと思って、、、

そしたら、、、ほとんどがテーパードシルエットなんですね。

ジーンズに限らず、パンツ自体がテーパードシルエットになっていました。

ジャージもテーパードシルエットなのに驚きました、、、汗

完全に定番として定着していると感じました。

それでは今回紹介するのはこちらです。

いきなり加工後のアフター画像になります。

わかりやすいように撮影してみました。

(カットした部分を残してみました)

こちらのジーンズは リーバイス501 66前期 ビンテージになります。

アウトシームに耳が使われていまして、いい感じのアタリが出ています。

テーパード加工では内股のインシーム部分を詰めるので

アウトシームの耳は無くなりません。

そして、スソ上げアタリ出し加工も同時に行っています。

※左右太もものリペアは入荷時から入っていました。

インシームのステッチは縫い継ぎ無しです。

全て解いてから、全て新たに縫い直しています。

今回は 股上部分も詰める 全体テーパード加工になっています。

この部分を詰めると、ワタリと股上が狭くなるので

かなりタイトフィットになります。

テーパード加工というよりも、、、スリム加工と呼んだ方がわかりやすいです。

シルエットがかなり変わります!

ご注意ください。

※見本のジーンズがストレッチ素材だったりすると

単純に寸法が一致していても穿き心地が違いますので、、、

内股を詰めながら、、、リペアも同時に行っています。

裏から見ると、このような感じになっています。

???

持ち出しの先端が切りっ放しですね。

これには理由があります。

これがリペア前のビフォー画像です。

過去リペアの跡がありました。

裏から見ると、こんな感じです。

解体する前に、このリペア跡を全て解いています。

※リペア跡の解き代は有料となります。

前股上を詰める場合ですが、、、

持ち出しまでの距離までとなります。

しかし、今回の依頼では その限界値を超える詰め幅だったのです、、、汗

そうなると、持ち出しの先端部分をカットしないといけない。

カットした後に、先端を切りっ放しの処理にさせて頂きました。

その方が、詰めた部分に干渉しないので良いです。

※持ち出しの先端を折り込みにすると、先端部分の硬い突起が

前股に当たって、生地が破れるという現象が起きます。

過去にそのような経験をしています。

今回のスソ幅は17.5センチ仕上げとなっています。

古着の501ビンテージはシーム全体が捻じれています。

それをさらに詰めるので、全体の捻じれが更に増します。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

スソ上げアタリ出し加工のビフォーアフターです。

色が全体に淡いデニムだったので、アタリ出しは難しかったです。

裏側もこのようにアタリ出しをしております。

次に、左右お尻の補強リペアを行いました。

※過去リペアがあったのですが、今回はその補強範囲を広げています。

裏から見ると、こんな感じです。

お尻中心部分のリペア跡が当店の作業です。

(濃いグレー布は他店さまのリペア跡です)

お尻中心のポケット付け根が特に弱くなります。

カンヌキ部分の下地補強が特に重要だと思います。

左右ポケットの外側もカンヌキ留めの下地が弱っていたので

補強リペアを行っています。

(ポケットを外してから、解体リペアです)

古着の生地が弱いジーンズでは要チェックポイントです。

以上でございます。

こちらの工賃が

股の過去リペア外し 2000円

内股の解体補強リペア 3000円(持ち出しの変更込み)

インシーム全体詰めのテーパード加工 9500円

スソ上げアタリ出し加工 5000円

左右お尻中心の解体補強リペア 6000円(後ろポケット入口の補強リペア込み)

合計 25500円(別途送料)

テーパード加工、スソ上げアタリ出し加工、リペア

当店の得意とする加工の合わせ技となっております。

最近依頼が多いメニューです。

オーダーお待ちしております。

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加