ジョンブルのデニムワークパンツ 魅せるリペア 左右太もも お尻 スソ ボタンホールリペア ペンキオイル散らし加工

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

新作ジーンズS66(TP) 完成までもう少しです!

(最後は工場でワンウォッシュします)

自分で縫っているので、我が子を生み出している感が強いです。

かなり思い入れありますね。

もう少々お待ちください。

今回紹介するのも完成後のアフター画像のみとなります。

こちらのブランドはジョンブルになります。

ユーズド加工されたデニムパンツのようです。

かなり穿き込まれていました。

今回は 破れ穴を魅せるリペア

生地が弱っている部分を全面補強

最後の味付けに ペンキ オイルを使った汚し加工を行いました。

リペア&リメイク という合わせ技となりました。

見た目も新たに生まれ変わったと思います。

では詳細を見ていきましょう!

右足です。

全面補強しています。

白ペンキ、赤さび色のペンキ 散らし

オイル染みの汚し加工をしました。

よりラギッドな雰囲気になりました。

(汚し加工は自然な感じにして欲しい とのオーダーでした)

破れ穴に古着デニムをはめ込みしています。

使う素材はお任せして頂きました。

全体の色目などから、ユーズド加工に馴染む雰囲気にしています。

(あまり派手にしないで欲しいとのオーダーでした)

スソ部分にも汚し加工を散らしています。

より自然な感じを目指しています。

汚し加工は一発勝負なのである意味 作品作り だと思います。

左足です。

こちらも同じようにやっていますが

左右非対称です。

このように仕上がっています。

前ポケットが上から貼り付けのタイプです。

後ろポケットと同様なのですが、、、

際の部分が弱っています。

なので、一度外してから 補強リペアをして再構築をしています。

地味に面倒な部分です、、、汗

後ろ身頃をチェックします。

まずは汚し加工の雰囲気を感じてください。

お尻から股にかけて生地が弱っていました。

なので、広めの補強を行っています。

(最後に裏からお見せします)

カカトに踏みつけ跡のダメージがありました。

こちらはスソを解いてからリペアしています。

こちらの足も同様です。

ユーズド加工とリアルダメージが重なっていますね。

裏から見ると、こんな感じです。

スソはチェーンステッチ仕上げにしています。

ユーズド感に馴染むように 退色綿糸を使ってみました。

お尻~股部分の補強リペアはこんな感じです。

この部分がピンポイントに弱る方は

自転車に乗っている方が多いと思います。

最後に左右太ももの全面補強部分です。

当店では定番の補強リペアだと思います。

今回、手間が掛かったのはこの部分ですね。

ポケットとの際をしっかりと補強しています。

ポケットが乗っている 下地(基礎部分)を強くしないといけません。

ボタンホールをそのままリペアしました。

元生地(上の部分)が無くなるほどのダメージでした。

使い込むとボタンホールはかがり糸が無くなって、

最後は生地が欠損していきます。

こうなると、裏から補強布をあててからリペアが必要となります。

相手は金属製のボタンなので、ガッチリと縫い込みます。

最初は硬い位がちょうど良いです。

(使うと自然に馴染んできます)

ここまでやっておけば、もう安心ですね。

以上でございます。

こちらの工賃が

左右太ももの全面補強 8000円

左右前ポケット下の解体リペア 2000円

左右ヒザ破れ穴の魅せるリペア 2000円

左右カカトのリペア(チェーンステッチ仕上げ)5000円

股~お尻 そのまま補強リペア 4000円

ボタンホールそのままリペア 1000円

オイル ペンキ散らし 汚し加工 3000円(3色使用)

合計 25000円(別途送料)

納品後、喜びの声を頂きました、、、ほっと一安心です。

リペア前のビフォー画像がありませんが

リペア+リメイク加工により、印象が変わったと思います。

ちょっと飽きてきたなあ、、、

これを機会に デニムをリニューアルしたい という依頼も可能です。

オーダーお待ちしております。

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加