新作ジーンズS66(TP) 量産は残業しながら自分で縫っています!(制作動画あります)

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

SNS等でお知らせしていますが、、、

新作ジーンズS66(TP) の量産は自分で縫っています!

通常業務をもちろん優先しているので、残業でやっています。

あとは休日もすべてジーンズを縫う時間にしています。

(家族にとっては迷惑だとわかっています、、、汗)

注文されたお客様に色々と質問した結果です。

みなさん、意見が一致していました。

工場で縫った物よりも 山口さんが縫った物が欲しい!

納期は遅れても構わない!

そうゆう返事を多数頂きました。

量産は本当に久しぶりです。

工場勤務時代は、、、今から9年前ですから。

まさか自分のブランドを自ら作る事になるとは、、、予想もしませんでした。

しかし、私の作る量産は 工場の量産とは違います。

1点1点微妙に変化をつけて縫っています。

それが面白い部分でもあります。

今回は特に大戦モデルなので、未熟な縫い子さんが縫ったイメージです。

ラフなステッチワークも味だと思ってくださいね!

宜しくお願い致します。

これが量産中のジーンズになります。

ここまで作業が進んでいます。

工房に収まらないので、別室で管理しています。

左右後ろ身頃は完成しました!

左右前身頃はまだ未完成です。

ちょうど全行程の折り返し地点くらいかな?

次は左右フロントの比翼(ボタンホール側)と持ち出し(ボタンフライ側)の

パーツを取りつけます。

そして、左右前身頃をつなぎ合わせます。

そんな感じです。

あと、ジーンズ制作の動画撮影にも挑戦しています。

これもSNS等でお知らせしていますが、、、

せっかく撮った動画なので

ユーチューブにもUPしています。

実は、、、新しいアカウントを取得しました!

hands-on denim

というアカウントです。

検索するとヒットします。

※古いアカウントの handsonjeans  はログイン出来なくなっていて

どうする事も出来ません、、、涙

後ろポケット入口の縫製です。

向こう布の縫製です。

前ポケットとスレキ(袋布)の縫製です。

動画編集も勉強中です。

こんな感じで縫っているんですよ!

というのをお伝えしたいです。

かなりマニアックな事かもしれませんが、、、

せっかく自分で縫うので、ビンテージジーンズの縫製を再現したいと思っています。

どこが違うのかと言うと、、、

基本的に裏から縫うのが当時の縫い方です。

そして、アイロンを使わずに手で折り曲げるという箇所もあると思います。

(日本の工場では折りアイロンをかけて、表から縫っていると思います

そのほうがより美しい縫い上がりになります)

そこには自分なりの解釈があります。

なぜかと言うと、、、

かなりの本数のリーバイス ビンテージジーンズを解体してきたからです。

(解体リペアの依頼が多いので、勉強になります)

そのような経験を 自分のブランドに反映させたいと思いました。

当初発表した 納期10月末 を過ぎるかもしれません。

どうかご理解のほどよろしくお願いします。

今後の進行もSNS等でお知らせするので、お楽しみください。

では!

ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加