リーバイス501ビッグE ウエストサイズアップ、バンダナパッチワーク スペシャルリメイク 弱い部分の解体補強リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

リーバイス501 ビッグE ビンテージ

今回の依頼はこだわりが凄かったです、、、汗

①ウエストのサイズアップ

※ウエストのサイズアップは来店者さま限定サービスです。

②持ち込みのバンダナを使ってパッチワークリメイク

③ウエストのサイズアップをする継ぎ足し部分にも

バンダナパッチワークリメイクをする。

④弱い部分の補強リペア(解体リペア)を行う。

という内容になっております。

依頼主さまは県外の遠い所から 遠路はるばる ご来店して頂きました。

こちらが持ち込みされた古いバンダナです。

微妙な色のグラデーションになっています。

依頼主さまのただならぬ、こだわりを感じます、、、汗

(選ぶのにかなり時間が掛かったそうです)

打ち合わせにもかなりの時間を要しました。

私がデザインのラフステッチを書きながら

こんな感じでしょうか?と確認作業をします。

あとは、ウエストサイズの確認です。

現状のジーンズを試着して頂き、伸ばす長さを提案します。

(お客様の希望サイズも試着確認で変わる事が多いです、、、ここが非常に大切です)

ウエストだけでなく、太ももからのフィット感もチェックします。

細かい部分まで色々と打ち合わせをします。

打ち合わせが終了しました。

私「いやー、こだわりが凄いですね! これはかなり凄い作品になりますよ!

こちらも作業するのにドキドキしますね」

お客様「はい、出来上がりがとても楽しみです!

ジーンズが完成品したらツイッターで広めても良いですか?」

私「もちろんです! 宜しくお願い致します。

それもまた、プレッシャーですがベストを尽くします!」

それでは解体から紹介したいと思います。

後ろポケットを外します。

ウエストベルトを外します。

両サイドを解きます(過去リペアも同時に解きました)

お尻の部分が破れているので、補強リペアします。

後ろポケットの付け根も破れているので、補強リペアします。

左右アウトシーム部分の縫い代も弱っているので、補強リペアします。

(過去リペアでそのままリペアされていた部分)

そして、、、

バンダナパッチワークリメイクを行います。

非常に時間が掛かりました、、、汗

サイズアップで伸ばす両サイドのマチ部分

ウエストベルトを伸ばす部分

この部分もバンダナパッチワークリメイクを行います。

ここまでやるのは初めてです。

どんな仕上がりになるのでしょう?

それでは完成したのがこちらです!

うわっ 凄い迫力!

カッコイイです!

唯一無二の1点物リメイクになりました!

バンダナの配色に気を使っています。

単一的にならないように、隣り合う色に変化をつけています。

パッチワークの範囲はお客様からの指示通りです。

生地の重なりが多いので、ゴワゴワ感があるように思いますが

古いバンダナはガーゼ状に薄くなっているので

問題ありませんでした。

これは他の部分にも使える素材だと思います。

(お客様のアイデアがバッチリです)

両サイドを5センチずつ広げたので、10センチのウエストサイズアップとなります。

ウエストベルトは中心部分で伸ばしています。

これもリメイクのアクセントになっていると思います。

サイドのマチ部分ですが、縦方向にどこまで伸ばすかが重要です。

腰から下の太もも付近のフィット感になります。

単純にウエスト何センチアップだけではイメージ出来ません。

どうしても試着確認が必要な部分です。

この古いバンダナはビンテージ物だと思います。

そのような表記がある部分を魅せるように使ってみました。

(そうゆう指示はありませんでしたが、私の感性です)

お尻だけでなく、サイドからの見た目にもこだわりがありました。

穿いた時にこの部分も目立ちますね!

さりげないお洒落を感じます。

何と言いますか、、、

新感覚のリメイクをしました。

薄手のデニムを使ったパッチワーク+ボロボロ加工は過去に何度かやっています。

しかし、このパターンは初めてです。

古着デニムと古いバンダナの色褪せたブルー、ネイビーのコンビネーションです。

やはりグラデーションが綺麗です。

裏から補強部分を紹介します。

白やデニムの当て布は他店様の物です。

(過去にリペアをされていました)

当店はグレー色の当て布を使っています。

パッチワークで魅せながらも、お尻全体の弱っている部分の補強を兼ねています。

魅せるリペア&リメイク加工の合わせ技です。

後ろポケットの付け根はカンヌキ留めをやり直します。

下地の補強は重要です。

(ダメージが出やすい部分)

アウトシーム部分もキッチリと補強リペアをしています。

古着ビンテージではここも要チェックです。

表から見ると、こんな感じに仕上がっています。

過去リペアでアウトシーム部分をそのままガチガチにリペアされていたので

解くのが非常に手間でした、、、大汗

やはり解体リペアの方が見た目、穿き心地 両方良くなると思います。

以上でございます。

こちらの工賃が

ウエストのサイズアップ 8000円(来店者さま限定サービス)

持ち込みバンダナを使って スペシャルパッチワーク加工 12000円

弱っている部分の解体補強リペア 10000円(過去リペアの解き代込み)

合計 30000円(別途送料)

納品後、、、喜びの声を頂きました!

あまりの喜びに直接お電話を頂きました(感激!)

そして、、、お客様がツイッターで投稿されました。

依頼主は 何と、、、

俳優の 西 興一朗さんだったのです!

ツイッターはこちらをクリック

いやー、ファッションへのこだわりが凄くて 本当にドキドキしながらの作業でした。

満足されたようで、私も本当に嬉しかったです!

ツイッターのコメントを読んで下さい。

またのオーダーお待ちしております!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加