リーバイス502XX(501XXのビッグサイズ)1947年頃のビンテージ 色落ち研究 ハンズオン3rdとの比較

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

前回ブログの続きです。

502XX(501XXのビッグサイズ) 1947モデルのビンテージ

デッドストックからの穿き込みジーンズ

このジーンズの色落ちを見ながらある事に気が付きました。

独特の青さです。

まるで天然藍を使っているような青さなのです。

※藍=インディゴです。

天然藍のロープ染色といえば、、、

ハンズオンオリジナル 3rdモデル で採用しています。

旧ブログで 3rdモデルに採用した天然藍のロープ染色について書いています。

こちらをクリック

大昔、1900年頃のジーンズは天然藍で染めていたとの事です。

それでは1947年頃はどうだったのでしょう?

そうゆう資料は無いので、現物を見て調査するしかありません。

RIMG1418

左がXXビンテージ1947モデル 右がハンズオン3rdモデル

ハンズオン3rdモデルはワンウォッシュの試着見本です。

穿き込みしていません。

RIMG1419

この距離で見ると ハンズオン3rdの方が青く見えます。

天然藍100%のロープ染色です。

RIMG1420

デニムの撮影は非常に難しいです。

独特の色目がなかなか伝わらないです。

並べてみた時の私の直観的な感想を書きます。

XX47モデルビンテージの色は天然藍独特の青さを持っているが

合成インディゴのような染まりの良い黒っぽさもあります。

そして、微妙な赤味も感じます。

ハンズオン3rdの天然藍100%のロープ染色はわかりやすい青さです。

青さの中に微妙な赤味も感じ取れます。

他にも画像を撮ったので見てみましょう。

RIMG1422

ひざ裏からスソ部分。

左がXX47モデル 右がハンズオン3rd

RIMG1423

アップです。

いかかでしょうか?

左のXX47モデル 天然藍独特の青さを感じませんか?

でも天然藍100%までの青さじゃない。

天然藍と合成インディゴを混ぜていたとか?

そんな事が出来るのか?

作業効率を考えると、合成インディゴが染まりが良いので

大量生産向きです。

合理的な物作りのアメリカです。

そうなるのは自然な流れだと思います。

この仮説を検証するには

生地屋さんの協力が必要です。

これからそうゆう勉強もやっていこうと思います。

(生地屋の知り合いに色々と教えてもらうしかないのですが、、、)

まだ物作りの段階ではありませんが

今回のXX47モデルビンテージの色落ち検証で得た物はありました。

また時間のある時に掘り下げていきたいと思います。

では!

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加