エドウィンの加工ジーンズ 何度もリペアを繰り返してきました。 左右お尻の超全面補強リペア

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。

今回紹介するのはこちらです。

IMG_1109

エドウィンの加工ジーンズです。

IMG_1107

左右太もも全面補強リペア(ダメージ部分は魅せるリペア)

前股補強リペア

内股補強リペア

これは過去に行ったリペアです。

(以前は白い補強布を使っていました)

ここまでのリペア工賃で数万円掛かっています、、、汗

今回リペアしたのはこちらになります。

IMG_1110

IMG_1108

お尻?

いや、、、ショートパンツ位の補強範囲です!

超全面補強リペアが必要でした、、、大汗

※カカトのダメージリペアも白い布なので、過去リペアとなります。

ジーンズのユーズド加工でここまでブリーチ洗いをすると

生地がどうしても弱ってしまいます。

そのジーンズを長年穿き込むと、、、

ここまでの補強リペアが必要となります。

依頼主曰く、、、

このジーンズは一生穿き続けます!

なので、破れたらリペアをお願いします!

と言われております。

最初にリペアしたのは、、、5年前かな?

移転前の旧店舗時代からのお客様です。

今までのリペア代で同じエドウィンのジーンズが何本買えるかな?

そんな感じですよね。

物への愛着って、こうゆう事なんですよね。

ジーンズは 直せばずっと穿き続ける事が出来る

というのを証明をしています。

IMG_1111_1600

IMG_1112_1600

IMG_1113_1600

左右お尻の補強リペアをする際は、後ろポケットを外します。

そして、補強リペア後に付け直しをします。

これは左右上部にカンヌキ留めの補強があったので

同じように再現しています。

当店はビンテージやレプリカジーンズのリペア依頼が多いので

レギュラージーンズの紹介は少ないです。

ここまでリペアを繰り返したレギュラージーンズはある意味貴重です。

A:5万円で買ったダメージ古着ビンテージジーンズをフルリペアしたら工賃4万円でした。

これは比較的多い例です。

B:1万円の新品レギュラージーンズを長年直し続けてきたら、、、

累計工賃が4万円になってしまった、、、汗

掛けたお金は同じですが、物への愛情値はBの方が高いと思います。

なので、こうゆう依頼はとても嬉しいです。

依頼主の人生に寄り添うジーンズを直しているという実感があります。

こちらの工賃ですが、、、

左右お尻(太ももまで)の超全面補強リペア 15000円(別途送料)でした。

納品後、喜びの声を頂きました。

こんなに広く補強をやって頂いてありがとうございました!との事です。

ほっと一安心です。

これで前身、後身、股、カカト、 ダメージが出そうな部分は全てカバーしました。

これからの穿き込みで、更にジーンズを体に馴染ませてください。

では!

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加