新作ジーンズ S66(TP) リベット表の素材を変更します。ボタンのサビを紹介。

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。


・インスタグラム復活しました、、、
アカウントは hands.on.denim です。

https://www.instagram.com/hands.on.denim/?hl=ja

新作ジーンズ S66(TP) 予約終了まであと3日となりました。

7/1(日)が最終日です。

ここに来て、リベットの素材を変更させて頂きます!

S501XX 大戦モデルと言えば、、、

ボタンやリベットが鉄素材になっていたのが有名です。

当時は 銅が高価 鉄が安価 な時代でした。

(戦時中の物資削減はボタンやリベットにも及びました)

今では、銅製のボタンやリベットは定番で大量に作られるので

安くで買う事が出来ます。

鉄素材のボタンやリベットというのは 錆びるから 敬遠されてきました。

(ファッション衣料の部品ですから)

よって流通量が非常に少なく、レアな素材になっています。

また、現代の洋服の検品制度において

ミシン針の残留をチェックする、検針 という項目があります。

検針機は鉄に反応する器械です。

その際に、鉄素材の物が検針機に掛かってしまいます。

そうゆう意味でも、鉄素材は敬遠されてきました。

それを回避するには 検針後にボタンとリベットを最後に打つ

という手間が発生します。

大量生産の物作りにおいて、手間は作業ロスです。

そうゆう意味でも 鉄素材は自然と排除されていきました。

しかし、、、

ビンテージジーンズ愛好家にとって

その鉄素材の経年変化というのが最高にカッコ良いのです!

なぜかと言うと、、、錆びるからです。

ピカピカの素材が使い込む程に、ツヤが無くなり、茶色く変化します。

(洗うとサビが出やすいのですが、、、)

それがとてもカッコ良いのです。

使い込んだ味になります。

今回のS66(TP)ではボタン、隠しリベットに鉄素材を採用してきました。

しかし、リベットだけは鉄素材が見つかりませんでした、、、汗

ちょっとここで話が反れます。

今から1年位前の事です。

私がボタンやリベットを仕入れている会社の社長からTELがありました。

社長 「ハンズオンさんの 裏ブログ 読んでますよ!

非常に興味深いです。

当時は 鉄製の銅メッキリベット があったのですね。

そうゆうのを作ったら需要はありますか?」

と質問を受けました。

私 「非常にマニアックな商品だと思いますが、

作ってくれたら私は欲しいです。

リベットから染み出るサビが最高にカッコ良いと思います」

社長「そうですか、、、サビが染み出る のがカッコ良いのですね、、、

検討してみます」

そして、つい最近の事です。

社長から突然のTELがありました。

「以前お話していた、鉄製銅メッキリベット 作ってみました!

試作品があるのですが 送りましょうか?」

私「是非、見たいです! 送ってください」

RIMG1121

こちらが鉄製銅メッキリベットです。

見た目は銅ですが、このように磁石に付きます!

※リベット裏の足(表の突起部分)は鉄製にすると、硬すぎて潰れないそうです。

なので、今回は表のワッシャーのみを作られたそうです。

これがどのように経年変化するかを 試験しないといけません。

サビがちゃんと出るかの試験です。

RIMG1126

2日間 水に浸けおきしました。

ちゃんと錆びて 経年変化しています。

(インスタでこの様子はUPしています)

次に実際に打ち込みをした試験をします。

RIMG1106

これは二日間 水に浸けおきしました。

このように変化しました。

リベットが錆びて 変化しています。

(まだ試験の途中ですが、、、)

うん、これは間違いないです。

この 鉄製銅メッキリベットは経年変化を想定して作られた物です。

サビが発生しやすいように計算して作られています。

さすが社長です。

マニアックな物を作りましたね!(感謝)

そうゆう訳で、今回の 新作ジーンズS66(TP) に採用を決定しました!

穿き込み用プロトタイプのリベットをこちらに交換してみました。

RIMG1128

RIMG1129

RIMG1130

新品なので、まだ経年変化していません。

鉄製パーツは最後に後付けとなります。

(検針後に付けないといけません)

なので、納品時はこのような状態です。

ご理解ください。

RIMG1131

これはSNSでも紹介した物ですが、、、

ブログでも紹介しておきます。

鉄ボタンの経年変化を見たくて、ジーンズを水に浸けおきしました。

4日間水に浸けおきしました。

(水は毎日交換しました)

その結果がこれです。

RIMG1132

トップボタンです。

このサビがとてもいい感じですね、、、

ビンテージジーンズ好きならわかってくれると思います。

RIMG1134

RIMG1136

フライボタンもこのような変化が出ました!

まるでビンテージジーンズのようです。

独特のオーラが出ているような気がします。

RIMG1139

隠しリベットです。

サビの汁が生地に染み出ています!

これもビンテージジーンズ特有の現象です。

狙い通りで非常に嬉しい結果となりました。

予約終了間際に 鉄素材のリベットが現れるなんて、、、

これでボタン、リベット全て鉄素材となりました。

本当に理想のジーンズが完成しました。

そういえば、、、

昨日、アイイロ デニムワークス さんが

新作オリジナルジーンズをブログで紹介してくれました!

こちらをクリック

これも突然だったので、びっくりしました、、、

予約終了間際の応援メッセージ?

非常に嬉しかったです。

ご紹介、ありがとうございます!

では!

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加