リーバイス501レギュラー(米国製) お任せリメイク 7000円コース

こんにちは ジーンズリペア&リメイク hands-onです。

※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。


・インスタグラム復活しました、、、
アカウントは hands.on.denim です。

https://www.instagram.com/hands.on.denim/?hl=ja

ブログ更新をせずに申し訳ございません。

長年続けてきた習慣なので、何とか更新したい気持ちで一杯です。

色々とやるべき事が多く、仕事のペースがつかめずにいます、、、汗

心の余裕が出来れば、ブログももっと書きたいと思います。

(ネタは沢山溜まっています)

それでは、今回紹介するのは、、、

RIMG0062

リーバイス501 MADE IN USA の古着です。

古着に詳しい人はこれを見るだけで、レギュラー501だとわかります。

レギュラー501って安くて、気軽に穿けるジーンズですよね。

古着屋さんでも5000円以下で売っているイメージです。

でも アメリカ製 なのが 何だか嬉しい感じ?

古着のジーンズはアメリカ製に魅力を感じてしまいます。

(新品のジーンズは日本製が好きなんですが、、、)

そんな気軽に穿ける レギュラー501 をお任せリメイクしました。

あまり気合を入れないで、こちらも気軽にリメイクしたのがこちらになります。

RIMG0058

お任せリメイク 7000円コースになります。

個人的にはシンプルなリメイクだと思います。

しかし、シンプルだからこそ バランス感が難しいです。

そこは感覚に頼ります。

(正解が無いのがリメイクです)

レギュラー501でも色落ちの良いものは

(ヒゲが綺麗に出ている物など)

ちょっと高値になります。

しかし、今回のような 色落ちがのっぺり(メリハリが少ない)した物は

ちょっと安くなります。

こうゆう 色落ちがのっぺり したベースのジーンズに

当店のリメイクは相性が良いと思います。

(色落ちが良い物は、そのままでも色落ち感を楽しめます)

ビンテージジーンズでディテールがどうのこうの、、、

レプリカジーンズで色落ちがどうのこうの、、、

そうゆう価値では無い感じ、、、

気楽に着て、ラフな感じを楽しむ?

こうゆうリメイクジーンズを穿いてみるのも楽しいです。

書きながら、話がそれてきたので、、、苦笑

詳細をアップします。

RIMG0059

右足上

クラッシュ&リペア

自然な感じに仕上げました。

RIMG0060

右足下

ガッポリ穴をあけてデニムで塞いでから

ラフなめちゃくちゃなステッチで縫います。

(当店ではクレイジーステッチと呼んでいます)

アメリカ人が適当に直したイメージです。

(そうゆう適当に直された古着デニムってあります)

でもそれが何だか味わい深く、面白いと思います。

RIMG0061

左足

ウォバッシュとデニムのパッチワーク

ちょっと変化をつけて楽しんでみました。

作業時間はそれ程かからないので、工賃はお安く出来ますが

この感覚は独自の物だと思います。

(デザイン料という物は考えていません)

こちらの工賃は 7000円(別途送料)

オーダーお待ちしております。

hands-onのフェイスブックページを作りました。→こちらクリック
いいね で応援よろしくお願いします。

 

  ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加